狭山事件: 石川さんが国連の委員会で証拠開示を訴え

「狭山の風」メルマガによると、狭山事件の容疑者として逮捕され、無期懲役の刑を受けた石川一雄さんが、スイスの国連自由権規約委員会において「日本政府に『証拠開示』をするよう勧告してほしい」という訴えをしたそうです。

石川さんは現在、無期懲役の仮釈放という形で日常生活をしています。刑を終えて自由になっているわけではなく、保護観察下に置かれている上に、今後罰金刑以上の刑罰を受けた場合には無期懲役で刑務所に逆戻りということになります。ご本人の言葉を借りれば「見えない手錠」がついたままの状態ということです。同じ理由でパスポート取得や海外旅行はできないと言われており、石川さんサイドもあきらめていたのですが、今年9月になってパスポート取得が認められ、今回の国連自由権規約委員会への参加という話になったそうです。

これまで何度か触れたように、狭山事件に関して、積み上げると高さ2mにもなる証拠が検察に未開示のまま保管されているとのことで、中には弁護側が何度も開示請求したにも関わらず裁判所と検察が一体となって拒否してきたものもあります。そういった証拠類をすべて開示して欲しいというのが石川さんが今回国連の委員会で訴えたことで、ある意味で日本の司法行政の問題点を浮き彫りにするものです。以前も説明したように、刑札・検察は国民の税金を使って大量の人員を動員し、捜査権を持って証拠集め(時には証拠ねつ造(笑))をしますから、集めた証拠はすべて(弁護側の請求がなくても)開示するのが筋というものでしょう。これに対して弁護側は捜査権も人員も予算もない中で資料集めをしなくてはならないという制約があります。本来は、この証拠集めに関する非対称性を補うのが推定無罪の原則(いわゆる「疑わしきは罰せず」)なのですが、日本においてはそれが守られずにえん罪が生み出され続けているという状況です。

状況はそれとして、このブログ的な本題である狭山事件の真犯人捜しの観点から開示してほしい証拠として、下記のようなものがあります。

  1. OGの筆跡: 刑札の筆跡鑑定はどうせ当てにならないので鑑定は不要。筆跡そのものを見て脅迫状と見比べたい
  2. OGに関する捜査結果のより詳細なもの: 特に新居のルミノール反応検査を含めた家宅捜索結果
  3. TNの供述調書
  4. OTくんの供述調書
  5. 事件現場(死体発見現場だけでなく、その周辺、芋穴、「殺害現場」含め)のルミノール反応検査結果
  6. 被害者の日記全文: 16歳のおにゃのこの日記を読みたいと公言するのもアレですが、誰かと待ち合わせをしていたというような記述はないのか
  7. 被害者の遺体に付随していた手ぬぐいとタオルの捜査結果全文: 実際のところ、米屋の手ぬぐいとマーガリン会社のタオルは誰に配られていたのか。「手ぬぐいの配布先をあたったところ、残り7本を除いて全部出てきた」という話はよく聞くところですが、その残り7本はどういう人たちだったのか

このあたりの証拠類が開示されれば、自ずと真犯人の目星はつきそうなものです。

関連記事

3 件のコメント: “狭山事件: 石川さんが国連の委員会で証拠開示を訴え”

  1. ご無沙汰をしております。

    いつもブログを読ませていただいては、感心ばかりしている「3秒」でございます。

    是非にも検察が所持している未開示の証拠を弁護側に開示していただきたいと私も思います。

    検察側の握る未開示証拠には含まれないと思いますが、被害者の姉であるNTさんの遺書の内容も

    少しだけ興味があります。当時の医師の診立てではノイローゼだとの事。現在の精神医学ならばより

    科学的な別の診立ても可能でしょう。彼女を精神的に追い詰めた原因はいったい・・・。

    とにかく時効ではありましょうが、真犯人を特定することは石川さんの無実・無罪を証明できますし、狭山か

    ら暗い陰を取り除く唯一の方法ではないかと思います。

  2. もうひとつ個人的に加えさせていただければ、所謂「OS調書」があります。彼の件については亀井本以外には触れられていなかったと記憶しておりまして、これも開示されれば「真犯人追求」には可成り有力な情報も含まれていると想像しています。

    未開示証拠の開示請求は、考えて見れば今に始まった事では無かったわけですが、この記事を読んで今更ですが重い至った事は、「石川さんは主犯では無いが従犯的に関わっていたのでは」とする推理も、考えて見れば完全に排除して良いという事です。詳細は小生サイトの「再審…」の記事に記しました。

    被害者の日記は、全部を読む事は出来ないかも知れませんが、今度の狭山事件新刊本が出た後に、著者の方からもう一度、事件前後の日記を読ませて頂く事は出来ると思います。

  3. コメントありがとうございます。

    >3秒さん
    次姉の遺書も謎が多いですよね。夫は見せてもらっただけで受け取ってはいないと言うし、その割にマスコミなどでは内容が報道されているし。検察にある証拠ではありませんが、次兄の遺書と合わせて、是非とも原文を見てみたいところではあります。

    >推理サイト制作者さん
    OGと同姓のOSさんですね。確かに、彼に関して亀井本ではかなり詳しく取り上げられているのに、その他ではほとんど情報がないのも妙な話です。被害者の日記について。私の調べた範囲では被害者の日記は『無実の獄25年』に掲載された2ページ(4月27日と4月29日)しか見たことがないのですが、下田本にも一部それ以上の内容が出ていましたし、どこかで見ることができるんでしょうね。その辺を含めて是非お話を伺ってみたいところではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です