Tag Archives: 津山事件報告書

津山事件: 都井睦雄の写真 その2

toimutsuo3都井睦雄の写真『津山事件報告書』より

筑波本に掲載されていた都井睦雄の写真は、報告書の写真をトリミングしたもののようです。元の写真を置いておきます。

鹽田末平検事の論文によると、睦雄は身長5尺5寸(約167cm)、体重16貫位(約60kg)とのことです。昭和22年の「国民栄養の現状」によれば、昭和22年時点で31~40歳の男性(睦雄と同年代)の平均身長は160.6cm、体重は54.35kgとのことですので、それと比較してもかなり大柄かつ恰幅の良い体格だったことがわかります。写真でも頬がふっくらとしており、肩幅も広く体格の良さを感じさせます。

この写真で睦雄が着用している服は詰め襟になっています。ぱっと見たときは国民服かと思いましたが、国民服は同じ詰め襟でも立折り襟なので違うようです。青年学校の制服ではないかという推測もできます。
いずれにしても、犯行当日の服装は「黒の詰襟」であることが報告書にも明記されていますので、この写真の服ではないと思われます。

津山事件に関する本はこちら

 

関連記事

津山事件: 都井睦雄の戸籍謄本

mutuo_koseki都井睦雄の戸籍謄本:『津山事件報告書』より

この戸籍謄本の画像はおそらく本邦初公開だと思います。もしどこかで既出であればご指摘下さい。

父は大正7年(西暦1918年)12月1日に、母は大正8年(1919年)4月29日に亡くなったとされています。以前、両親の墓に記載された死亡年月日と筑波本の死亡年月日が異なることから、「筑波昭さんは『津山事件報告書』を元に睦雄の両親の没年や死亡年月日を記載したのではないか」という推測を書きましたが、それを裏付けるものです。

なぜ戸籍と墓で死亡年月日が異なるかという点については、当時は戸籍の届出が適当だった、ということに尽きるのではないかと思います。例えば、津山事件の被害者には「内妻」の扱いの女性が数名いました。いわゆる「足入れ婚」の一種で、結婚しても子供を生むまでは妻を入籍しなかった風習の反映と思われます。それと同様に、戸籍と実情は異なるのが半ば当たり前だったということで、墓に記載されている方が実際の死亡年月日だと思います。

両親の生年月日については、この戸籍には記載がありません。報告書の他の部分にも記載がないようです。そもそも筑波本記載の生年月日が墓石記載の享年とつじつまがあっていないことはこちらのエントリでも疑問を示した通りで、どこから持ってきたものかよくわかりません。

戸籍謄本からわかることが他にもいくつかあります。

  • 大正7年に父親が亡くなったために睦雄が家督を相続し、まず母が、そして母の死後は祖母が後見人となっています
  • 上記の後見は昭和12年3月に睦雄が成人に達したことで終了しています。睦雄が岡山農工銀行へ600円の借金を申し込んだ(最終的には400円に減額されましたが)のは昭和12年4月なので、後見が終了して自分の判断で財産を処分できるようになったらすぐ行動に移ったことがわかります。
  • 都井家は昭和10年4月に倉見から貝尾へ本籍地を移動しています。睦雄が満18歳の時ということになりますが、理由はよくわかりません
  • 姉は事件当時まだ嫁ぎ先に未入籍で、都井家に戸籍が残っていたようです。睦雄と祖母の死亡届も、姉が「同居人」として届け出たことになっています。事件当時臨月だったとのことで、事件後の7月になって嫁ぎ先に入籍されています
  • 戸籍上は睦雄の死亡時刻は午前7時になっています。おそらくは遺体が発見された時間を記載したものでしょう
  • その割には祖母の死亡時刻は午前2時になっています

睦雄の死亡届は5月25日に提出されており、姉が嫁ぎ先へ入籍したのが7月25日ですから、その間の2ヶ月あまり都井家は姉が戸主(女戸主)だったことになると思います。しかし、そのあたりは謄本には何も書かれていません。

姉は事件当時臨月だったにもかかわらず、婚家で一時「分娩させない」という話まで出たとのことです。しかし、2ヶ月後には無事入籍されていることからも、最終的には嫁ぎ先に円満に受け入れられたことがわかります。

津山事件に関する本はこちら

 

関連記事

津山事件: 津山事件報告書 その2 筑波本との比較について

一通り『津山事件報告書』を読んだところ、筑波本: 『津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇 (新潮文庫)』に掲載されていた下記の内容は報告書には記載されていないことを確認しました。ただし、以下の内容は今後読み込んでいく中で予告なく変更・修正・追加する可能性があります。あらかじめご了承下さい。

  • 姉の証言: 報告書には、姉の証言は筑波本の一番最初に出ている刑札に対する証言(「私は都井睦雄の実姉であります」で始まるもの)だけしか掲載されていません
  • 「内山寿」関係: 報告書に掲載されているのは睦雄が内山寿に連れられて津山の売笑宿に登楼したという内容数行だけで、大阪で阿部定のいた住吉アパートに行ったとか、会話の内容はありません
  • 阿部定関係: 報告書には、阿部定に関することは全く出てきません
  • 雄図海王丸: 報告書にはタイトルも出てきません。ただし、この件に関しては筑波本に原稿の写真もあり、筑波氏の独自取材によるものであることはほぼ確実と思われます

特に、姉の話として紹介されているエピソードのほぼすべてが報告書には掲載されていないという事実は、今後津山事件ならびに都井睦雄の言動を論ずる上でかなり重要なことであると思います。ただし、筑波氏が執筆当時まだご存命だった姉に取材して書いたという可能性もありますので、さらに確認が必要とは思います。

一例を挙げると、この辺のエントリここでも論じた、中学進学に関するおばやんと睦雄と姉の会話は報告書には出てきません。岡山一中と二中のケンカのニュースを聞いて、「ほれみい。こないな学校さ往なんでよかったじゃろが」とおばやんが言った話もありません。報告書にあるのは、高等小学校の担任教師が「上の学校に行ってみないか」と言った話だけです。

一級下の武井孝子という少女の絵を描いて云々という話も出てきません。報告書には小学校時代の担任教師のコメント一覧もありますが、そこには一般的な性格や勉強に関することだけで個別のエピソードは出てきません。

また、内山寿関係については、筑波本にちらっと出てくる浅草で窃盗で捕まった際の「陳述書」が実在してそれが元になっている可能性もあります。ただし、内容に矛盾も多いので、これも筑波氏の創作である可能性は低くないと個人的に考えています。

以前から筑波本には筑波昭氏自身の創作にかかる部分が多いのではないかと個人的に思っていました。とりあえず、『狭山事件報告書』には掲載されていない部分が多いという事実だけ、ご報告します。

津山事件に関する本はこちら

 

関連記事

津山事件: 津山事件報告書 その1

IMG_1887津山事件報告書 司法省刑事局編

あらかじめお断りしておくと、今回は釣りではありません。

事件の直後に作成された『津山事件報告書』をとうとう閲覧することができました。証拠として表紙の写真を掲載しておきます。筑波本(ハードカバー版: 『津山三十人殺し―村の秀才青年はなぜ凶行に及んだか』)のグラビアにある「津山事件報告書」の表紙と見比べると、筑波本で黒塗りされていたのは通し番号であったことがわかります。

閲覧できたのは日本国内ではありません。ググればすぐにどこかわかるとは思いますが、はっきりした場所を書くのは差し控えます。公開したところでこの場所にマニアがわらわら来るようなことにはならないとは思いますが、あまり迷惑がかかってもいけないので。ここにたどり着くまでの四方山話も後ほど。

世の中の津山事件本の総元締めと言える筑波本も、基本的にはこの本の引き写しの部分が多いことが閲覧してわかりました。驚いたことに、筑波本の250ページあたりから掲載されている被害者の家の見取り図は、ほぼこの「報告書」にあったものののコピー(名前だけ仮名にしてある)でした。また、おそらくは、松本清張の「闇を駆ける猟銃」もこれを参照しています。

「報告書」と銘打ちながら、全部で500ページ近くある大部の本になっており、旧カナ旧字体であることもあって、読み込んでいくとそれだけで1週間くらいかかりそうです。いろいろな点で面白くて、書き始めると100本くらいこの本をネタにブログを書けそうな勢いでもあります。

今まだ海外にいること、泊まっているホテルのインターネット接続が安定しないこと、さらには報告書を読むだけでかなり時間がかかりそうなことから、とりあえずご報告だけアップして詳細は帰国してから改めてご紹介します。

津山事件に関する本はこちら

 

関連記事