月別のブログアーカイブ: 8月 2009

その他: 衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査

残念ながら、保坂さんも落選、最高裁裁判官も不信任が過半数になった人はいませんでした。後者はまずありえないのでしょうがないとして、保坂さんの落選は、児童ポルノ法や表現の自由にとって大きな痛手であろうと思います。

しかし、ご本人のブログを拝見する限りでは再起を図るとのことですので、引き続きこの辺の問題に取り組んでいただけることを期待して応援していきたいと思います。

関連記事

その他: 最高裁判所裁判官国民審査

今週の日曜日に衆議院議員選挙があります。

総選挙と同時に、最高裁判所裁判官国民審査があります。今回は是非とも

[[桜井龍子]]

裁判官に「×」をつけてください。

理由は一つ。明らかな冤罪事件として有名な「御殿場事件」の最高裁判決を出したのが櫻井龍子裁判官だからです。

Read more… →

関連記事

下山事件: 日本医事新報の古田莞爾論文について

「下山事件自殺説紹介ブログ」さんの方で、掲題論文の話題が再度採り上げられています。

先日、別件で行った図書館に「日本医事新報」の昭和32年版があったので、古田論文が存在するかどうか確認してみました。しかし、上記の自殺説紹介ブログエントリで指摘されているとおり、昭和32年2月にも7月にも、矢田喜美雄氏が『謀殺 下山事件』で誇らしげに引用するような古田氏の論文(詳細は注を参照してください)は存在していませんでした。

念のため書いておくと、私が当該雑誌を確認したのは岡山大学図書館鹿田分館(岡山大学医学部内)です。当該図書館に収蔵されていたのは「日本医事新報」の3ヶ月合冊版で、3ヶ月ごとに目次が作成されていました。その目次と、2月・7月分(週刊なので何冊分か)の本文をざっと確認しましたが、古田氏が著者としてクレジットされている文章は見つかりませんでした。

「自殺説紹介ブログ」さんの以前のエントリへのコメントにも書いたように、私個人はこの「古田論文」の話は矢田氏のデッチアゲであろうと考えています。昭和32年の「日本医事新報」を出典にあげているのも、国会図書館で欠号になっているためにデッチアゲがばれにくいと判断したからでしょう。

柴田氏がどこまでこの件の裏付け調査を行ったのか不明です。しかし、もし古田氏の論文の実在を確認した上で当該文章を書かれたのであれば、是非とも正確な出典をご呈示いただきたいと思います。そのような出典のご呈示をいただき、古田論文の実在が確認された場合には、「デッチアゲ」と呼称したことを含めてお詫びして訂正させていただきたいと思います。

(注)古田論文について詳しくは自殺説紹介ブログさんのこのエントリを参照してください。要するに、下山事件で機関車にゼリー状の血痕が付着していたことを根拠に生体れき断説を唱えた名古屋大学の小宮教授について、小宮教授の後に名古屋大学医学部法医学教室教授になった古田莞爾氏が

昭和三十二年二月号の「日本医事新報」には下山事件のゼリー状血痕についてふれ、総裁が生体、死体(列車に轢かれる三時間以内に殺されていた場合)のいずれで轢かれても、血液が固まったものが発見されてもおかしいことはない。つまり下山事件の自、他殺問題は、このゼリー状血痕を証拠にして議論するのは誤りであることを報告した。

と激しく批判したと、矢田喜美雄氏が『謀殺 下山事件』で引用している論文です。矢田氏によると、古田氏は

私たちが小宮先生の追跡研究をしているうちに小宮先生は死亡した。いま考えると、先生は学者がしてはいけない政治への介入を自ら犯してしまったように思う。

とも語ったとのことです(笑)。

関連記事

狭山事件: 狭山事件関連資料Website

先般から、狭山事件関連資料Websiteという別サイトをひっそりと立ち上げています。

このサイトを立ち上げた理由はいくつかあります。一番大きなものは下記の2点です。

  1. 本ブログで連載している「狭山事件入門」について、ブログ形式のままだと後から読むときに読みにくいというご批判をいただいたこと
  2. 個人情報保護法という悪法が施行されているこのご時世に、いろいろな制限抜きで情報を配信したり、議論できる場所がほしいと思ったこと

たとえば、会員限定として公開している資料には下記のようなものがあります。

  • 当時の埼玉県議会議員選挙立候補者
  • 当時の狭山市議会議員選挙立候補者
  • 事件現場近辺の寺院の石碑等に見る事件関係者

基本的にはすべて公開情報ですのでここで公開しても問題はないと思いますが、最近はいろいろとうるさい人が多いので会員限定コンテンツとさせていただいています。

会員登録は無料です(と書くとアヤシゲなエロサイトのようですが、本当に何のオブリゲーションもありません)ので、興味がある方は向こうのサイトの「ユーザ登録について」をお読みの上お申し込みください。

現状ではまだコンテンツの質・量とも今ひとつですが、とりあえず本ブログの記事からの転載などで順次充実させていきたいと考えています。よろしくお願いします。

関連記事

その他: 火垂るの墓

本日、終戦記念日恒例の「火垂るの墓」放映がありました。見ていて思ったのですが、これは明らかに「児童ポルノ」だな、と。節子の入浴シーンや医者のシーンなど、児童ポルノ法で規定する
3.衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
に該当する画像が数多くありました。
この内容は実在のモデルがいる画像でなくても成立するとされていますので、「火垂るの墓」も近い将来放映不可能になるでしょう。

また、もし今日の放映を録画した方がいらっしゃれば、なるべく早いうちに消去した方がいいでしょう。普通にDVDレコーダーから「消去」しただけでは不十分です。DVDレコーダーを含めたコンピュータのハードディスク(HDD)からの「消去」は、割と簡単に復帰させることが可能ですので、もしあなたが逮捕されたくないのであれば、DVD/BDレコーダーからHDDをいったん取り外してPCで完全消去するか、あるいはDVD/BDレコーダそのものを売り払うしか方法はありません。

http://picnic.to/~ami/image/hinemosu.jpgこういう時代が来ないことを祈ります。

関連記事

狭山事件: 伊吹本再版へ

狭山事件を推理する-近況告知板にて、『狭山事件-46年目の現場と証言』が再版される旨の告知がありました。まずはご同慶の至りです。

12月予定とのことです。初版の発行日が2009年2月25日でほとんど書店に出回らずに絶版になってしまったため、ほぼ1年ぶりの再版ということになります。内容的にも増補が行われるとのことで、特に「新証言」に関しては本邦初公開になると思いますので、事件に興味がある方は是非読んでみてください。

関連記事

その他: Wikipediaの「山一證券」の項目について

先日、久々にWikipediaに加筆しました。

対象は「山一證券」の項目です。以前にも書いたように、この項目の「歴史」の部分は私が書いたものですが、最近になって「有用でもないし、出典も明らかではない」というご批判をいただきました。そこで、出典を明らかにしつつ改稿、という名目で、事実関係のあらすじ部分だけを残して、読んでおもしろいであろう部分、「なぜ破綻したのか」の本質を記載した部分を全面的に除去しました。

以前から、Wikipediaで他人が苦労して書いた記事に[[要出典]]を貼り付けて得々としている要出典厨の存在を苦々しく思っていました。今回、山一證券の太田収元社長が1938年5月28日に青酸カリ自殺をした、という部分に「要出典」が付与されているのを見てかなり頭にきました。

Read more… →

関連記事