Tag Archives: 雑感

その他: 近況報告

img_1431これがほんとの「シカト」

すいません。ここしばらく出張やら日常の多忙やらで更新できない日々が続いています。
狭山事件関係や津山事件関係でネタはいろいろ仕入れているのですが……
また改めてご報告させていただきます。

関連記事

その他: 山一證券破綻について その2

前回のエントリを書く際に検索していて、『滅びの遺伝子―山一證券興亡百年史 (文春文庫)』の文庫版が出版されているのに気がつきました。

この本の単行本も労作でしたが、文庫本はかなりの部分が追加の取材や資料に基づいて書き直されて、ほぼ書き下ろしと言ってもよい内容になっており、山一破綻に関する資料としては社内調査報告書と並んでもっとも包括的かつ信頼できる資料と思います。著者は冒頭で「以下は私の仮説である」と書き始めていますが、その仮説を構築するために積み重ねた資料と直接取材の量は、単なる仮説を超えて十分な説得力をこの本に与えることに成功していると思います。

文庫本版で、バブル崩壊から山一破綻に関する叙述は398ページから428ページまでの30ページ程度、全体で400ページを超えるこの本の中で1割にも満たない量です。しかし、その叙述は、他のどんな本よりも雄弁に「山一が崩壊した理由」を描写しています。

いずれにしても、昨今の金融危機の中で、前回の金融危機で破綻した「山一證券」という存在に興味がある方には必読の本だと思います。Wikipediaの山一證券の項目も、この文庫本の出版によって全面改訂が必要になっていると思います。私(管理人)はもうWikipediaには書かないと決めたので書きませんけど(笑)。

関連記事

その他: 山一證券崩壊に関する週刊新潮の記事について

週刊新潮 2007年4月26日号週刊新潮 2007年4月26日号

週刊新潮 2007年4月26日号 その2週刊新潮 2007年4月26日号

今回のエントリも事件とは関係ありません。ただし、経済事件という意味ではちょっと関係があります。

私(管理人)は以前、Wikipediaにいろいろな記事を投稿していました。最近はいわゆる「削除厨」とか「要出典厨」と呼ばれる方々のご活躍に嫌気がさしたので投稿をやめていますが。そのWikipediaの中で、私がほとんどの部分を書いた記事に山一證券があります。

だいぶ以前になりますが、そのWikipediaの山一證券の記事と非常に共通点が多い記事を週刊新潮で見かけたことがあります。[[野口悠紀雄]]氏による「戦時体制いまだ終わらず」という記事でした(週刊新潮2007年4月26日号、本日の画像)。「共通点が多い」というだけではどういうことかわかりにくいと思いますので、以下に比較表をあげておきます。比較対象にしたWikipediaの記事は、確実に当該の週刊新潮の記事より前の、2007年3月8日の版にしています。

Read more… →

関連記事

その他: 「東大合格生のノートはかならず美しい」

去年の10月20日から始めたこのブログもようやく1周年を迎えました。まだちょっと定期更新に復帰できていませんので、リハビリを兼ねてヒマネタを1つ。

「東大合格生のノートはかならず美しい」という本があることを先日知りました。結構売れている(アマゾンで本のランキング13位)ようです。実は私(管理人)はこの本を読んでいません。しかし、このタイトルは2つの意味で間違っていると断言できます。

Read more… →

関連記事

その他: 六一○ハップ

610その1大阪朝日新聞 昭和13年5月24日付

610その2東京新聞 昭和38年5月27日付

今回は小ネタです。

事件関係の新聞記事を追いかけていると、周りに掲載されている広告がいろいろと目に入ります。どれも世相を反映していてなかなか楽しめるのですが、その中で最近話題の「六一○ハップ」(どうして話題なのかはググってください)に関する広告を取り上げてみました。六一○ハップ自体は昭和2年から販売されていてもう80年以上の歴史がありますので、こういう古い広告があるのもむべなるかなですが、このブログで取り上げるような事件に関連した記事が掲載されている新聞にも六一○ハップの広告が掲載されていたのを見ると、なんというか感慨深いものがあります。

これだけ歴史がある製品なのに最近妙な方向で話題になってしまって、六一○ハップの製造元である武藤鉦製薬株式会社からすると青天の霹靂といったところでしょう。管理人も購入して使ったことがあり、家の風呂で温泉気分が楽しめる本当にすばらしい製品だと思います。今回の件で妙な販売規制がかからないことを祈ります。

2008年12月26日追記: ドラッグストア等で販売自粛が相次いだ結果、武藤鉦製薬株式会社は事業整理して解散することになってしまったようです。残念なことです。

関連記事

袴田事件: FREE HAKAMADA NOWイベント

また間が空いてしまってすいません。今回は、これまで採り上げていなかった「袴田事件」関連のイベントについて。

「袴田事件」の被告の袴田さんを支援するイベントが2008年1月24日(木)に予定されています。場所は後楽園ホールです。

狭山事件と同様に、常識で考えればありえない冤罪で死刑を宣告されている袴田さんの支援イベントということで、こういった事件に関心がある方には是非このイベントを知っていただきたいと思います。

Read more… →

関連記事

津山事件: 下山事件: 新風舎と草思社が民事再生法適用を申請

新風舎が民事再生法適用申請

草思社が民事再生法適用申請

『謀殺 下山事件』の文庫本を出していた新風舎が2008年1月7日付で民事再生法適用を申請したのに続いて、1月9日付で『津山三十人殺し』の単行本版の版元である草思社が民事再生法適用を申請したとのことです。相次ぐ民事再生法適用申請で、この手の良質なノンフィクション書籍を出していた出版社が相次いで事実上倒産するあたりに時代の流れを感じます。

Read more… →

関連記事