Tag Archives: 現地

津山事件: 被害者の墓

お墓1

お墓2

お墓3

お墓4

津山事件の現場である貝尾部落を訪問したルポにはよく「墓場に入った我々は慄然とした。墓の多くの命日が『昭和十三年五月二十一日』となっていたのである」みたいなことが書いてあります。

Read more… →

関連記事

狭山事件入門: 事件関係地図

狭山市詳図(1966年、人文社刊) その1狭山市詳図(1966年、人文社刊) その1

狭山市詳図(1966年、人文社刊)狭山市詳図 その2

上の地図は、1966年(狭山事件が発生した1963年の3年後)発行のものです。以前のエントリでも論じたように、この時点で「狭山東中」になっていた中学(現在の入間川東小の位置)を「入間川中」という古い表記にしているなどいくつかの問題はありますが、私(管理人)がこれまで見つけた中では一番当時に近いと思われる地図です。現在の地図(例えばGoogle Map)と比べて見て下さい。

赤字の注記はすべて管理人が入れたものです。縮尺的には、その1の方は右端の方にある被害者宅から佐野屋までが直線距離でちょうど1kmくらいです。その2の方では、入間川駅(現狭山市駅)から三柱神社(荒神さま)までだいたい250~300mくらいです。

Read more… →

関連記事

狭山事件入門: 吉展ちゃん事件

前回のエントリで解説した事件の発端について、末端の交番から県刑本部長に情報が上がるまでが早すぎるとか、その程度の情報で県刑本部長のようなエラい人がわざわざ現地に、しかも勤務時間外の6時過ぎに来るのはおかしい、と感じる人もいるかもしれません。しかし、当時の刑札には「誘拐」に関して非常に敏感にならざるを得ない理由がありました。

Read more… →

関連記事

狭山事件: 下田雄一郎さんの本

ロッキー山脈

泊まっているホテルのインターネットが竜巻(tornado)のためつながらなくなったりと、いろいろありましたが明日ようやく帰国します。写真は事件とは何の関係もないロッキー山脈です。

ところで、「狭山事件入門」の企画をやるのであれば触れざるを得ない話題に下田雄一郎さんの本『史上最大のミステリーを推理せよ!狭山事件』があります。この本は、著者本人の推理を述べるのではなく様々な証言や事実を紹介して推理は読者に任せるという方向で書かれたおそらく初めての本で、「狭山事件入門」にはうってつけです。これからこちらで書く内容もこの本を参考にすることが多くなると思います。また、ここではブログという媒体の性格上、あまり細かい事実までは紹介できない可能性も高いのですが、この本は相当細かいことも丹念に言及していてその点でも参考になります。当ブログを読んで「狭山事件」に興味を持たれた方がいれば、まず最初に読んでいただきたい本です。

ただし、文中にいくつか事実誤認と思われる点があったり(例えば、5月2日の深夜に養豚場のI-TR氏が車出通りがかって職務質問されたことになっているが、おそらくこれはI-K氏(石川一雄さんとは別人)の誤り。I-TR氏は後で「自殺」したので、この点は結構重要)、出典が不明な内容があったりするので、是非一度著者の下田さんにお会いしてその辺確認してみたいと思っていました。狭山事件を推理するサイト管理人氏によると、一時期下田さんと連絡が取れて現地調査などにも参加される話もあったようなのですが、その後連絡が取れなくなったとのことで、非常に残念です。

残念と言えば、版元である新風舎が倒産(民事再生法適用申請)した関係か、1年半ほど前に出たばかりの本なのに既に版元絶版になってしまっているのも残念です。新風舎という会社は、自費出版ビジネスの方ではいろいろ言われて叩かれているようですけど、前にも書いたように事件関係では様々な好著を文庫で再版してくれていて、その点では個人的に好感を持っていました。どこかで事件関係の文庫だけ引き取って再版してくれないものでしょうか。

「狭山事件入門」入り口はこちら

新風舎の事件関係の本

関連記事

狭山事件入門: 能書き

*注: 現在、「狭山事件入門」関連のコンテンツを順次狭山事件関連資料Websiteに移行しつつあります。こちらのブログに残っている記事は内容が古くなっている場合もありますので、ご了承ください。

次回からしばらく、「狭山事件入門」と称するエントリを連載したいと思います。

このブログはWordpressというブログソフトで構築していて、そこに携帯向け表示ができる「Mobile Eye+」というプラグインを入れています。そのため、携帯サイト検索にも結構引っかかっているようで、PCよりも携帯からのアクセスの方が多かったりします。

ところが、携帯からアクセスしてくる方々のほとんどは、「津山事件 写真」で検索して飛んできて都井睦雄の写真だけ見てお帰りになっているようです。せっかくのお客様なので、是非とも狭山事件とか下山事件とか、私が興味を持っている他の事件も知ってもらいたいと常々考えており、とりあえず狭山事件の方から手をつけてみようか、というのが動機です。

前回の現地調査の際にも、「より多くの人に事件を知ってもらうよう、みんなでできることからやっていこう」というお話があり、その後のトマパの際にも「狭山事件推理系のポータルサイトを」というお話がありました。そういうところにも使っていけるような、一般の人(現在の現地調査参加者の方々が一般人でないという意味ではありません(笑))にもわかりやすく、興味を持ってもらえるような狭山事件紹介を書いてみようという趣旨も含んでいます。

そういうことですので、いろいろな「事実」や情報の採り上げ方や表現に、いわゆる従来の正統的な採り上げ方とはズレが出てくる可能性が高いと思われます。例えば、石川一雄さんが犯人である可能性は本当にないのかという点を、えん罪であるという前提を外して再検討してみる、なども予定しています。個人的にはそういう前提で考えても石川さんが事件に関係している可能性はまずないと思っていますが、最近ネット等で「自白してるし物証も出てるし、本当はやってるんでしょ」みたいな記述があるようなので、もう一度フラットな立場から考えてみようという趣旨です。関係各位のご理解と寛恕をお願いする次第です。

狭山事件に関する本はこちら

関連記事

狭山事件: トマトパーティー

狭山事件を推理するサイト管理人氏の主催による現地調査に参加しました。

現地調査後、トマトパーティーにも参加し、各種推理(被害者の学校を出てからの足取り等)に関して有意義な議論を聞かせていただきました。

席上で、近々(?)いろいろと新しい展開がありそうということを伺ってwktkしています。

関連記事

狭山事件: OTくんの目撃証言 その5

S自転車店S自転車店(当時)。現在はバイク屋さん

OTくんが被害者と会ったと証言したS自転車店です。現在はバイク屋さんになっています。これも先日現地を訪問した際(2008年3月25日)に撮影したものです。

Read more… →

関連記事

狭山事件: 狭山市駅前の再開発

狭山市駅西口狭山市駅西口(2008年2月8日撮影)

狭山市駅西口2「すずや」(薬屋の向こう側):まだ営業している模様(2008年2月8日時点)

狭山市駅 駅ビル狭山市駅東口駅ビル(2008年3月20日で閉鎖)

現在、狭山市駅周辺の再開発が進んでいて、石川さんが「自白」の中で牛乳とアイスクリームを買ったことになっていた「すずや」周辺を含めた西口一帯は完全に作り替えられるようです。 また、東口の駅ビルもいったん閉鎖して、駅自体を東西自由通路がついた高架駅に作り替えるとのこと。詳しくは狭山市の西口開発整備事業HPに掲載されています。

既に狭山市駅西口から中央図書館・狭山准看護学校(旧川越高校入間川分校)へ行く道の両側にある商店はほとんどが閉店しており、一部では工事も始まっていて、おそらく今年(2008年)中には事件当時の面影が全くなくなってしまうものと思われます。事件に興味があって現地を訪問されたいという方は、早めに行かれた方がいいかもしれません。

関連記事

狭山事件: 「プロファイリングで解く重大事件」 その2

まず、事実誤認と思われる点を確認したいと思います。

前後関係から見ておそらく、ここで言及されている「先生」というのは、被害者の中学三年生時代の担任で、事件当日に第二ガード下で被害者を見かけたと証言しているA先生でしょう。被害者の過去の担任でマスコミや事件関係の書籍で採り上げられている「先生」は、この人を除くと高校の先生くらいしかおらず、高校の先生は女性であるために「実話ナックルズ」の記事の文脈から考えて該当しないからです。以下、野間宏『狭山裁判』に叙述されているA先生の証言を中心に検証します。

Read more… →

関連記事