Tag Archives: 津山事件報告書

津山事件: 『津山三十人殺し 七十六年目の真実』 その1

石川清さんの新刊『津山三十人殺し 七十六年目の真実: 空前絶後の惨劇と抹殺された記録』を入手しました。
1冊Amazonで購入済だったのですが、わざわざ著者の石川さんから献本もいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

石川さんは前著の刊行後も毎年現地取材を続けているとのことで、貝尾の被害者遺族の方々の重い口からも証言を引き出しています。狭山事件の伊吹隼人さんと同様に、その熱意と、何度も現地に足を運んでの取材の成果が現れている本だと思います。津山事件に興味がある方は是非とも一読をお奨めします。

第一章で山口の連続放火殺人事件(「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」という川柳が話題になった、2013年に起きた事件。集落内のいざこざが原因で、近隣の5人を殺害・放火した)と津山事件との類似性について触れているのは、時事問題の話題ということでご愛敬でしょう。第二章以下の分析については、目を見張るものがあります。また、第二章では、拙著『津山事件の真実』とその内容にも触れていただいており、いくつかの点で見解の相違はあるものの、大筋では拙著で展開した筑波本批判に同意していただいています。

個人的に、今回の本の白眉は、第三章と第五章です。従来、「祖母」、姉、睦雄の3人が倉見を離れて小中原(加茂の中心地)→貝尾と移り住んだ理由については謎とされてきましたが、都井家の関係者への取材でその理由が明らかになっています。また、第五章では寺井マツ子の重要性とその証言の不自然さを分析し、衝撃的な仮説を提示しています。

最終章では「残された謎」と題して、これまでの取材でも明らかにできなかった「謎」について書かれています。どれも大変興味深い考察と問題提起で、「雄図海王丸」や阿部定との関係のようなセンセーショナリズムに基づく捏造抜きでも、この事件が奥深く、興味ある事件であることを改めて感じました。

前著『津山三十人殺し 最後の真相』も同じ学研から再刊予定とのことです。現在は古本がプレミアがついている状態なので、嬉しいニュースです。未読の方はこちらも併せて閲覧されることをお奨めします。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

その他: 夏コミC84御礼と通販告知

コミケにおいでいただいた方々、お買い上げいただいた方々、誠にありがとうございます。
改めて御礼申し上げます。

コミケで販売した本の、本ブログでの通信販売を開始いたします。
詳細はこちらをご参照ください。

  

関連記事

津山事件: 現地調査

津山事件が起きた5月21日とはちょっとずれますが、久しぶりに下記の予定で現地に行こうと思います。

場所が場所だけに、これまで何度か本ブログでも呼びかけたものの参加希望者が現れませんでしたが、もし同行を希望される方がいらっしゃれば、blog@flowmanagement.jp(間の@を半角に変換してください)宛にご連絡ください。

  • 日時:2013年5月19日(日)9:00頃津山駅出発、14:30頃津山駅にて解散
  • 行動予定:貝尾、荒坂峠、姉のうどん店跡地、倉見の睦雄墓地、「寺井ゆり子」の現在の家、等
  • 注1) 当方は前日に岡山空港から入ってウッディハウス加茂(貝尾から一番近い宿泊施設、加茂中心部近く)で一泊する予定です。もし前日から同行ご希望の場合にはその旨ご連絡ください。また、当日、現地調査終了後も岡山空港から帰京しますので、そこまで同行をご希望であればご相談ください。
  • 注2) レンタカー(荒坂峠越えの都合で小さい車)で移動しますので、先着3名様までに限定させていただきます。
  • 注3) 当日の天候状況による予定変更については本ブログ、あるいは参加希望のご連絡をいただいたメールアドレス宛にご連絡します。基本的にはレンタカーで移動しますので、多少の雨風であれば実施します。

本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


   

関連記事

津山事件: 『津山事件の真実』Amazonにて販売開始

『津山事件の真実』増補改訂版(付録なし版)をAmazonにて販売開始しました。

まだご購入でない方で、当方のような個人ブログに個人情報をさらすのは嫌だという方はこちらからご購入ください。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


  

関連記事

津山事件: 現地調査会のお知らせ

すいません。諸般の事情により本件中止とさせていただきます。もし検討中という方がいらっしゃったら申し訳なく、お詫び申し上げます。また時期を見て改めて企画したいと思います。

試験的に津山事件の現地調査会を開催してみます。

  • 集合: 5月26日(土)午前10:30津山駅または午前9:00岡山空港
  • 解散: 26日(土)午後5:00津山駅または27日(日)午前11:00岡山空港
  • 訪問予定地: 貝尾、荒坂峠、倉見(睦雄の墓)、姉のうどん店、「ゆり子」宅
  • 費用: 資料代とレンタカー代割り勘(2千円程度)
  • 募集人数: 最大4名(小型のレンタカーで回りますので、それ以上は乗車不可です)
  • その他: 当日夜、当方は湯郷温泉にて宿泊予定です。翌日岡山空港にての解散をご希望の方は湯郷音泉で宿をお取りください。
  • その他2: 当日、同人誌の販売をご希望の方は手渡しすることも可能です。ただし持って行かなくてはならないので事前にお申込ください。

場所が場所だけに参加できる方は少ないと思いますが、もしご希望の方がいらっしゃれば blog@flowmanagement.jp (間の@を半角に変換してください)宛にメールをいただくか、本エントリにコメントで申込をお願いします。(申込コメントは表示しません)

予定変更等がある場合には本ブログにて告知します。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。また、とらのあな通販もご利用ください。


 

関連記事

その他: とらのあな通販取扱開始

当方の手違いでしばらくとらのあな通販が在庫切れになっていましたが、復活しました。

「本はほしいが、個人サイトだと個人情報が怖い」という方、銀行振込以外の決済方法をご希望の方はこちらをご利用ください。


 

関連記事

津山事件: 増補改訂版補遺 その1

今回の増補改訂版をご購入いただいた読者の方からご質問をいただいています。それを見て、かなり重要なことを書き忘れたことに気が付きました。

一番重要なのは、「おばやん(筑波本の仮名で言う都井イネ)が睦雄の父の本当の母親ではないとすると、本当の母親の墓はどうなっているのか?」というご質問だと思います。

これはかなり深く議論が必要な内容だと思います。これを書き忘れていたのは増補改訂版をご購入いただいた方に申し訳ないので、ご購入いただいた方限定でパスワード制限した形で別エントリを立てさせていただきます。内容はこちら。
パスワードは以下の通りです。(いずれも同じ文字列です)

  • 『津山事件の真実 増補改訂版 付録付き版』78ページの最初の3文字
  • 『津山事件の真実 増補改訂版 付録なし版』76ページの最初の3文字

 

関連記事