狭山事件: Y枝地蔵

Y枝地蔵Y枝地蔵

被害者宅の前から撤去されたあと行方がわからなくなっていたY枝地蔵について、「現在別のところに移転されている」という情報をコメントでいただき、独自に調査したところ実際にありました。情報ご提供者の意志を尊重し、詳しい場所は差し控えますが、写真のみ証拠としてアップさせていただきます。

台座の部分に「枝地蔵」と書かれているのがご覧いただけると思います。

なお、この地蔵が現在安置されているお寺は被害者家(N家)の菩提寺で、宗派は真言宗智山派とのことです。狭山市内で両墓制を行っていた寺と同じ宗派ということになりますので、一度はほぼ否定された「被害者宅が両墓制だった」という説について、再度確認・調査が必要になってくるかと思います。

関連記事

6 thoughts on “狭山事件: Y枝地蔵”

  1. 真言宗智山派の調査のほう、小生は先刻の通信の通り現在動けませんので宜しくお願い致します。新井氏にもその旨、宜しくお伝え下さい。

    お地蔵様に就いては、これで「恐らくそれなりに安置、供養して頂ける寺院に引き取ってもらったのではないか」と言う小生等の推測が裏付けられた形となり、小生サイトにとっても僥倖でした。地蔵に就いての詳細調査も合わせて、お任せ致します。

  2. 管理人様
    以前Y枝地蔵の件でカキコした者です。この度は現地見分お疲れ様でした。
    最初は半ば興味本位で事件を見ていました。冤罪についても知らずにいました。このブログや文献を読み始めてより真面目受け止めている気がします。
    自分は現地見分に参加は出来ないし、また真摯な人間でなくては参加する権利はないと思っています。
    6日は天候に恵まれると良いですね。
    46年目の現場レポート楽しみにしています。

  3. 訂正
    ×現地見分お疲れ様でした。

    いつもブログを拝見させて頂いております。ありがとうございます。

  4. コメントありがとうございます。

    >推理サイト制作者 様
    6日の現地見分楽しみにしています。詳細はまたその節にでも。

    >しま 様
    「真摯な人間でなくては参加する権利はない」ということはないと思いますよ。事件に興味があって、最低限の常識をわきまえている方(例えば、現在は普通の民家の庭になっている「死体発見現場」にズカズカ入って行かない、とか)であればどなたでも歓迎です。私が主催するわけではないので、「歓迎だと思います」と言った方が正しいかな。

  5. >しま 様

    >管理人様

    現地見分に就きましては、ブログ管理人様が記されている通りです。参加資格は問いません。例えば過去2板で小生を叩いた事があるような方でも歓迎します(1-531さんと言う方にも最初の頃、結構叩かれ気味でした・笑)。「最低限の常識をわきまえている方」と言う事も、別に現地見分に限らず当然の事と思いましたので小生サイトでの告知でも今迄も特に記しておりませんでしたが、これも、管理人様の仰る通りです。

  6. >管理人様
    >推理サイト制作者様

    優しいコメントありがとうございます。
    自分はまだまた不勉強ですので、当分の間はロムに徹したい気持ちでいます。
    狭山事件に興味を抱かなければ冤罪についても考えなかったでしょうし、三面記事的な興味本位であらゆる事件をなんとなく捉えるだけだったと思います。
    管理人様のサイトや推理サイト制作者様のサイトを見る事で、私自身の捉え方は変わりました。
    今年から裁判員制度が導入されますが、その前に色々考えるきっかけが狭山事件を知ることであったと思っています。
    サイトの更新を楽しみにしています、それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です