狭山事件: 「となりのトトロ」と狭山事件 その2

sayamacha狭山茶の茶箱
「ドラプラ」サイトより引用。元のサイトでは記事がなくなっているようなので、こちらで改めて写真をアップさせていただいています)

以前、「となりのトトロ」と狭山事件を関連づける都市伝説を否定するエントリを書きました。

しかし、それでもまだ都市伝説を信じる信心深い方々がいて、以下のような話があちこちで書かれているようです。

「となりのトトロ」の中に、「狭山茶」と書かれた箱が映っている場面がある。そんな箱があるなんて偶然では考えられない。やっぱり製作者からの「このアニメは狭山事件と関係がありますよ」というメッセージだ!(なんだってー)

最近本ブログへのコメントでも同じような話をいただきました。なんというかほほえましいですね。この話を信じちゃう人の世代がわかります。

実際のところ、昔(たぶん昭和50年代前半くらいまで?)の東京近郊の一般家庭に「狭山茶」と書かれた箱があるのはごくごく普通のことでした。トトロのアニメは、単にそういうよくある情景を描いたものと思われます。

以下、最近Twitterで教えていただいたことを含めて簡単にまとめです。(ありがとうございます>ご教示いただいた皆様)

  • これは茶箱と呼ばれる、木で作られてブリキや亜鉛、アルミなどで内張りされた箱である
  • 書かれているのは「茶」一文字であることも多いが、産地が付いている場合、多摩地区~埼玉方面ではまず間違いなく「狭山茶」だった(南関東~中部では「静岡茶」だったり、関西では「宇治茶」だったりもします)
  • 本来は産地から街のお茶屋さんへお茶を輸送する時に使われる箱だが、お茶屋さんでは使用後の中身が空になった茶箱を売っていた
  • 一般家庭ではそれを買ってきて、押し入れや台所で、衣装や食器、お米などの保管に利用していた(段ボール箱よりも丈夫で積み重ねできること、湿気や虫が入りにくい構造になっていることなどが理由)
  • 最近はアルミパック+段ボールが利用されるようになったため、流通に茶箱が使われなくなってきている
  • 一般家庭の収納箱も、プラスチック製のものが安価に出回るようになったので、比較的重くて高価な茶箱はあまり使われなくなった

茶箱と言われてピンと来ない人も、一番上に掲載した写真を見ればどういうものかわかると思います。この写真では「さやま茶」の紙をピンで止めてあるだけですが、昔はこれがちゃんと箱に貼り付けられていました。なんで他の地名ではなく「狭山茶」なのかといえば、それが「日本三大茶」といわれるくらいのブランドだからです。

ついでなのでこの辺がきちんとまとめられた本がないかと思って探してみました。しかし、「茶箱」という言葉には別の意味(茶道で使う道具をまとめて入れておく箱)もあるようで、インターネットでも紙の本でもそっちばっかり出てきて庶民の道具としての茶箱はあまり情報がないようです。あっても、茶箱に布やクッションを張ってインテリアとして利用する話ばかりですね。あと、「茶箱」という名前のライブハウスもあるようで、ネット検索ではそちらばかりが出てきます。

狭山事件に関する本はこちら

関連記事

2 thoughts on “狭山事件: 「となりのトトロ」と狭山事件 その2”

  1. 以前管理人さんがトトロと狭山事件の関連性を否定した際に挙げた例以外にも共通点は多々ありますよ。まー管理人さんがこのサイトでこの話しは禁止というなら自重しますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です