津山事件: 津山事件報告書 その2 筑波本との比較について

一通り『』を読んだところ、筑波本: 『津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇 (新潮文庫)』に掲載されていた下記の内容は報告書には記載されていないことを確認しました。ただし、以下の内容は今後読み込んでいく中で予告なく変更・修正・追加する可能性があります。あらかじめご了承下さい。

  • 姉の証言: 報告書には、姉の証言は筑波本の一番最初に出ている刑札に対する証言(「私は都井睦雄の実姉であります」で始まるもの)だけしか掲載されていません
  • 「内山寿」関係: 報告書に掲載されているのは睦雄が内山寿に連れられて津山の売笑宿に登楼したという内容数行だけで、大阪で阿部定のいた住吉アパートに行ったとか、会話の内容はありません
  • 阿部定関係: 報告書には、阿部定に関することは全く出てきません
  • 雄図海王丸: 報告書にはタイトルも出てきません。ただし、この件に関しては筑波本に原稿の写真もあり、筑波氏の独自取材によるものであることはほぼ確実と思われます

特に、姉の話として紹介されているエピソードのほぼすべてが報告書には掲載されていないという事実は、今後津山事件ならびに都井睦雄の言動を論ずる上でかなり重要なことであると思います。ただし、筑波氏が執筆当時まだご存命だった姉に取材して書いたという可能性もありますので、さらに確認が必要とは思います。

一例を挙げると、この辺のエントリここでも論じた、中学進学に関するおばやんと睦雄と姉の会話は報告書には出てきません。岡山一中と二中のケンカのニュースを聞いて、「ほれみい。こないな学校さ往なんでよかったじゃろが」とおばやんが言った話もありません。報告書にあるのは、高等小学校の担任教師が「上の学校に行ってみないか」と言った話だけです。

一級下の武井孝子という少女の絵を描いて云々という話も出てきません。報告書には小学校時代の担任教師のコメント一覧もありますが、そこには一般的な性格や勉強に関することだけで個別のエピソードは出てきません。

また、内山寿関係については、筑波本にちらっと出てくる浅草で窃盗で捕まった際の「陳述書」が実在してそれが元になっている可能性もあります。ただし、内容に矛盾も多いので、これも筑波氏の創作である可能性は低くないと個人的に考えています。

以前から筑波本には筑波昭氏自身の創作にかかる部分が多いのではないかと個人的に思っていました。とりあえず、『狭山事件報告書』には掲載されていない部分が多いという事実だけ、ご報告します。

津山事件に関する本はこちら

 

関連記事

2 thoughts on “津山事件: 津山事件報告書 その2 筑波本との比較について”

  1. いや~本当によく調べられているのには感心します。
    昔、仕事で岡山へ行った際、松本清張の小説で読んだ「津山三十人殺し」の場所へ行ってみようと、加茂町までは行きましたが、当時はカーナビも無く結局、貝尾まで行き着くことが出来ませんでした。
    たとえ行けたとしても、70年以上前のこととはいえ、小さな村で起こった凄惨な事件の関係者または子孫は今だそこに暮らしているわけですから、いい顔はされなかったことでしょう・・・。
    これからも頑張ってブログを続けてください。

  2.  小学生の時に初めて「八つ墓村」を読んでから津山事件に興味を持ち、おりにふれて資料を読んできました。おくればせながらこのブログの存在を知り大変嬉しく思っています。ただし遅ればせだったため、管理人氏の津山事件の新刊を入手できませんでした。痛恨の極み。一刻も早い増刷を心より願っています。
     さて「津山三十人殺し」ですが、刊行当時に一読した時から「頁を水増しした著作」と思っていました。「横溝正史がブームになり、八つ墓村のモデルの津山事件も関心を呼んでいるからちょこっと儲けてやろう。幸い報告書があるから適当にリライトすれば一冊本が書ける」という安易な発想で書かれた本で、たいして調査などしていないと思います。津山事件の報告書のリライトに、大きな図書館で簡単に閲覧できる岡山の風土やら文化、歴史、風俗、日本近代史からのだらだらとした引用の合間にちょこっと都井の少年時代の「エピソード」なるものをはさめば、都井の生涯が一丁上がりという訳です。たわいもないわらべうたまで全文長々と掲載し、都井と姉が歌ったとか理由づけているのには恐れいります。都井と全く関係ない米騒動や関東大震災でも、祖母がそれについてこう言ったと挿入すればいいのだから楽なものです。祖母は津山事件で亡くなっているし、都井と二歳しか違わない姉がどうして自分の幼児の頃に起きた事件についての祖母のコメントを記憶しているのでしょう。ばかばかしくなってきます。筑波氏は絶対に姉にインタビューなどしていないと思います。肉親にインタビューしたのならそれ自体貴重な資料なので、あとがきや文中で触れても不思議ではないのに一言もそんなことは言っていません。しかも「のちに語った」だの「記憶している」だのどうにでも言い逃れのできる文章が繰り返し出てくるのも気になります。姉が本当に筑波氏にインタビューを受けたのなら、どうして一緒に風呂に入っている時に偶然初潮を迎えただの一人で入浴中に都井に裸体を見られたといった話しをわざわざ老境に入ってからしたのでしょうか。この二つのエピソードだけでも、少年時代のエピソードがつくりごとだと断定できるかと思います。管理人氏の著作で筑波氏の「津山三十人殺し」がどう評価されているのかと思いますが、私自身は松本清張の著作と比べてもレベルの低いトンデモ「ノンフィクション」だと思っています。すみません。長くなりましたがぜひ増刷してくださいね!今後も楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です