月別のブログアーカイブ: 6月 2011

狭山事件: 甲斐仁志氏の「新推理」

『狭山事件を推理する』の著者である甲斐仁志氏が、「新推理」を発表し始めています。まず最初に、殺害現場に関しての考えがこちらにまとめられています。

確定判決の「殺害現場」がお話しにならない点においては、甲斐氏の論考に深く同意します。今回新たに開示された証拠で、「殺害現場」にはルミノール反応がなかったことが確認されたとのことで、これだけでも確定判決のストーリーが破綻していることは明らかであり、早期に石川さんの再審ならびに無罪判決が出されることを希望します。

その後、甲斐氏はOG(甲斐氏の論考の中では「西富源治」という仮名になっています)宅での犯行を否定する議論を行っています。この内容については、納得するところと、納得できないところが両方ありますので、私(本ブログ管理人)の意見を付記しつつ紹介させていただきます。

Read more… →

関連記事

狭山事件: サンデーフロントラインで放映

テレビ朝日「サンデーフロントライン」で狭山事件特集がありました。

寝過ごして(笑)後半しか見られませんでしたが、石川さんの冤罪関係から、自殺者の連鎖をはじめとする事件の「謎」にも触れていて、事件の概観としてはなかなか良くできていたのではないかと思います。

で、当然ながら当ブログへのアクセス数も増大していました。一時は503エラーが出るほど鯖負荷がかかっていたようで、見られなかった方は申し訳ないです。この状況でもやはり「となりのトトロ 狭山事件」で検索して来訪する人がトップだったのが面白いところです。

トトロ経由であっても「狭山事件」に興味を持ってくれる人が増えてくれれば、と思います。

 

関連記事

狭山事件: 被害者の日記 その7

mainichi-630514asa-kakudai
毎日新聞 昭和38年5月14日付に掲載された「女性自身」5月20日号の広告より 被害者の日記

こちらのコメントで、被害者の5月1日の日記について、別の画像が掲載雑誌の広告の形で掲載されているという情報をいただきました。本日の画像はその確認です。情報ありがとうございました>米子様

正直なところ、私もこの画像の存在は知りませんでした。また、該当のコメントでご指摘いただいているとおり、被害者氏名のゴム印と被害者姓の印鑑が押されています。これがもともとあったものなのか、刑札で整理の都合上押したものなのかも全く不明です。

刑札が資料整理の目的で被害者の姓名印や印鑑を押すとすれば、普通は日記の最初のページか表2対向あたりであろうと思われ、わざわざ5月1日のページに捺印するとも考えにくいところです。ただし、5月1日が事件当日であったことを考慮すると、そこに刑札が何らかの書き込みをすることも考えられなくはありません。

もしこのゴム印と印鑑が被害者自身が押捺したものとすると、どのような意図があったのでしょうか。日記の内容から考えると、誕生日を迎えて大人へとまた一歩近づいたことで、改めて自分自身を確認したいというような意図でしょうか。真意は今となっては誰にもわかりませんが、興味深いところです。

このゴム印と印鑑を押し、「誕生日、うれしい」と書いたとき、被害者は将来への希望に満ちていたことでしょう。その未来を奪った真犯人には、やはり怒りを禁じ得ません。

 

関連記事

その他: 夏コミC80当選

とりあえず告知です。

夏コミ当選しました。『津山事件の真実』増補改訂版を出すつもりです。その他にも、もう少し規模が小さいものを何か作って出すかもしれません。ただし、ここしばらく身辺多忙が続いているために力尽きる可能性もあります。また詳細についてはこちらで告知させていただきます。

 

関連記事

狭山事件: 堀兼中野球部員の証言 その2

伊吹隼人さんから追加の取材報告です。

今回インタビューした相手は、前回の証言とは別の方で、堀兼中3年時に被害者と同学年で野球部員だったSM氏と、その弟のST氏の2人です。

SM氏:

  • (A先生)はとんでもない暴力教師だった。
  • (A先生)は英語教師で、半月前教えたことを覚えていなかったりすると、それだけで殴ったりしていた。
  • 男も女も廊下に並ばせて鼻血が出るまで殴り続けたりしていた。
  • 今だったら絶対に卒業式で〝お礼参り〟されていると思う。
  • 少し前、スナックでたまたま堀兼中の人間と会って喋ったことがあったが、その時も「(A先生)はひどかった」という話が出た。
  • 当時の堀兼中は教師の暴力によって支配されている感じだった。
  • (「(A先生)は嘘をつくようなタイプかどうか」との伊吹さんの質問に)それはどうか分からない。
  • (A先生)は他校に試合に行く時も、怒鳴りながらビシッと生徒を揃えて連れて行く感じだった。
  • 自分もあの頃のことはもう思い出したくない。(A先生)につながるような記憶は思い起こすだけでも不愉快になってくる。
  • 事件のことはいやな記憶なのでもう思い出したくない。
  • 学内には札付きのワルも2~3人いた。
  • (被害者父の「被害者の時の卒業式では酒を飲んで暴れた生徒がいた」との証言を聞いて)そういう記憶はない。ただ、その2~3人ならやってもおかしくない感じだった。
  • それでも、殺人事件をやるほどのワルでは無かったと思う。
  • 当時の堀兼中で男女交際の噂などはなかった。
  • 100人、3クラスしかない学校なので、付き合っている男女などいればすぐに分かったと思う。
  • (「被害者さんはまじめな優等生だったと言われているが…?」との伊吹さんの質問に対して)そうだったと思う。

ST氏:

  • 自分はSMの5歳下の弟。事件当時は堀兼小学校に通っていた。
  • 事件の後は、駐在所の巡査が聞き込みにきた。巡査は今、病院に入院している。
  • 自分はその後教師になった。教育委員会では(A先生)やY先生と一緒になった。
  • 自分も事件に興味を持って調べていたことがあった。親戚が来た時に現場を案内したこともある。
  • 教育委員会を辞める時には、「何か後で役立つかもしれない」と思って、当時の学校の日誌を持って帰って来た。そこには事件当日の野球の試合のことなども書かれてあった。残念ながらそれはボロボロになっていて、「もう使うこともないだろう」と思ったので1週間前に捨ててしまった。
  • 教師の間でも「長兄がおかしい、変だ」という話はあった。「何で脅迫状が届いた時も自分で取らないで弟に取らせるのか」と言っていた。
  • 「被害者宅は家族関係が複雑で、そのため長兄が妹を始末したのではないか」との噂もあった。
  • この付近は、戦後山林を開いて開拓したところ。農地改革の後、小作人上がりの人間たちが開拓にあたった。こちらは貧しく、当時はひどい生活を強いられていた。そのため、最初警察は「そのことに耐えかねたこの地区の人間による犯行ではないか」と疑っていた。

また、伊吹さんによる本ブログへのコメント1コメント2は、この取材を踏まえているものと思います。併せてご参照ください。

以下は私(本ブログ管理人)の感想です。

ST氏について:

  • A先生についてはかなり恨みがあるようで、ここではとても掲載できないような表現で口を極めて罵っています。なお、上記では(これでも)マイルドな部分のみを選んで掲載しています。
  • 個人的な何らかの恨みはあるにしても、A先生のイメージが根底から変わるような証言です。
  • 「(A先生)は他校に試合に行く時も、怒鳴りながらビシッと生徒を揃えて連れて行く感じだった」というのはかなり重要な証言だと思います。A先生が高圧的・暴力的な教師だったという前提に立つと、OTくんやH氏が事件当日にバラバラに試合会場に向かっていたことは、やはり事件当日に堀兼中は試合がなかったことを意味するでしょう。
  • ST氏自身は、事件当日のことは思い出したくないと証言拒否のようです。
  • このA先生像を出発点にすると、A先生証言の意味合いや信憑性も再検討が必要になると思います。

SM氏について:

  • さすがに「(日誌を)1週間前に捨ててしまった」というのは話ができすぎなような気がします。
  • しかし、当時の学校の日誌が実在したとすれば野球の試合については最終決着がついたわけで、惜しい気もします。
  • 最後の証言は、長兄手記にある「農村という古くからの何ものか」を彷彿とさせます。

 

関連記事