月別のブログアーカイブ: 6月 2009

その他: ドイツ

img_1579ベルリンで見かけたわけのわからない噴水

現在ドイツにおります。

以前狭山事件の現地見分でお会いした方に「ブログが本業なんですか?」と聞かれたことがありますが、んなわきゃありません。このブログにもアフィをいくつか貼っていますけれども、そこからの収入は微々たる物です。一応本業があって、出張に来ているのもその関係です。

今回は成田→サンフランシスコ→デンバー→デモイン→シカゴ→デュッセルドルフ→ベルリンと旅をしています。明日ベルリン→ロンドン→成田と移動して世界一周旅行の完成です。スターアライアンスの世界一周チケットを久しぶりに使いました。マイレージを使ってビジネスクラスにアップグレードできる扱いのチケットなのがいいですね、やっぱり。



関連記事

下山事件: 佐藤一さんが逝去

『下山事件全研究』の著者、佐藤一さんが6月17日に87歳でご逝去されたとのことです。
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2009061900003
謹んでお悔やみを申し上げます。

現在海外出張中なので、取り急ぎご報告だけ。

(7月21日追記: ご逝去の日付を間違っていました。大変失礼しました。訂正してお詫びいたします)

関連記事

その他: 冤罪は誰が作るのか その5

masui矢島 直ほか:「麻酔」34, 1245 (1985)より

今回は、まだ一般的には冤罪としての認知率が低いであろう事件を採り上げてみます。いわゆる「[[筋弛緩剤点滴事件]]」「北陵クリニック事件」と呼ばれている事件です。
これまでとりあげてきた狭山・下山・津山事件と関係ない話が続いてすいません。

私(本ブログ管理人)は、客観的な証拠から考えてこの事件は99%冤罪だと考えています。その理由は、「不能犯である」という一言に尽きます。現在判決で認定されている「犯行方法」は、マスキュラックスという筋弛緩剤を点滴に混入したというものですが、マスキュラックスを点滴に混入しても、殺人はおろか筋弛緩の効果すら得られないのです。

Read more… →

関連記事

狭山事件: 冤罪は誰が作るのか その4

この日本国において、冤罪が作られるパターンは以下の通りです。

刑札 警察と検察が犯人像を捏造してマスコミにリーク
   ↓
マスゴミ マスコミが警察発表を無批判に垂れ流し
+自分たちでもあることないこと「取材」して追加
   ↓
「こいつが犯人に違いない」という「世論」の醸成
   ↓
「世論」に迎合した裁判所の判決

要するに、「冤罪は誰が作るのか」という問いに対する答えは、主演:刑札と検察、助演:マスコミと裁判所ということになります。このブログで再三とりあげている狭山事件もまさにこのパターンでした。

Read more… →

関連記事

その他: 冤罪は誰が作るのか その2

yomiuri-911202読売新聞 平成3年12月2日付朝刊

次に、読売新聞です。

  • “ミクロの捜査”1年半
  • ロリコン趣味の45歳
  • この「週末の隠れ家」には、少女を扱ったアダルトビデオやポルノ雑誌があるといい、菅家容疑者の少女趣味を満たすアジトとなったらしい

しかし、この「ロリコン趣味」「少女趣味を満たすアジト」というのは、根拠の全くない捏造報道でした。

yomiuri-911203読売新聞 平成3年12月3日付朝刊

翌日の3日付で、菅家さんが借りていた家には

雑誌類を含め、ロリコン趣味を思わせる内容のものはなかった

という記事が小さく報じられています。しかし、前日の2日付で「ロリコン趣味」「少女趣味を満たすアジト」などという偏見に充ち満ちた捏造を報道したことについては訂正すら掲載されていません。
逆に、3日付記事の見出しは

自宅からビデオなど押収

であり、普通の読者であれば「ああ、今度逮捕された男はロリコンおやじで、自宅からロリビデオも押収されたんだ」という印象を受けるでしょう。

ちなみに、上の新聞記事には、今回ブログ炎上した当時の県警刑事部長(捜査本部長)さんも登場しています

今回の件を受けて、「だから世間知らずの裁判官は…」とか「裁判員制度なら違ったかもしれない」という意見もあるようです。しかし、断言しても構いませんが、裁判員制度があったとしてもまず間違いなく菅家さんは有罪(冤罪)になったと思います。
こういうセンセーショナルな事件が起きた時に警察の発表を無批判・無検証で、時には誇張や捏造まで交えて報道するマスコミと、そのマスコミによって誘導された得体の知れない「世論」こそが、冤罪を生み出す原動力であるからです。
映画「黒い潮」にあった言葉が、今こそ胸にしみます。

そこには無責任な、興味本位の記事だけが、大きくあるいは小さく並んでいた。そしてその文字は、真実とは遙かに遠い憶測の羅列であった。(中略)それは、数知れぬ目が形成している、真実とは微塵も関係のない、そのくせ真実を押し包み、押し流してしまう、厚顔なドス黒い潮(うしお)である。

「冤罪は誰が作るのか」という問いのまず第一の答えが警察・検察であり、当時の捜査担当者がまず最初に糾弾されなくてはならないことは言うまでもありません。しかし、警察・検察にいいように操縦されて世論を思い通りに誘導するマスコミという存在なくして、警察・検察の犯罪は成功しません。そして、マスコミが全く反省しないのは、今回の足利事件の報道で、自分たちの罪を無視して裁判所・警察を非難する記事ばかりを掲載していることからも明らかでしょう。

足利事件に関する本はこちら

関連記事

その他: 冤罪は誰が作るのか その1

asahi-911203朝日新聞 平成3年12月3日付朝刊

前回のエントリにて、菅家さんの冤罪を作る、少なくとも片棒を担いだのはマスコミであることを指摘しました。今日はその確認です。

上の朝日新聞では、DNA鑑定を無条件で持ち上げています。

  • スゴ腕 DNA鑑定
  • 100万人から1人絞り込む能力

警察発表を鵜呑みにした検証全くなしのトバシ記事です。それでもここまで断言されてしまうと、見出しだけ見た人は「DNA鑑定ってすごいんだ」「DNA鑑定で100万分の1の確率で本人と判定されたんだから犯人に間違いない」と思うでしょう。
細かい説明は抜きにしますが、警察側の発表でも、当時使っていたDNA鑑定方法による菅家さんと同じ型のDNA型の出現比率は0.83%と、ほとんど1%=100人に1人のオーダーでしか絞り込みができないものでした。「100万人に1人」と「100人に1人」ではえらい違いです。当時17万人の人口があった足利市で、100万人に1人であればまず間違いなくそれだけで犯人ですが、100人に1人では同じDNA型の人間が市内だけで数百人いることになるわけで、それだけでは犯人とは特定できないことになります。しかも、最終的にその菅家さんのDNA型そのものが間違っていたわけですから、まさに何をか言わんや、です。

そもそも、記事本文では

血液鑑定と併用すれば、百万人の中から一人を絞り込むことも可能とされ

と書かれており、この時点で記者としても「100万人に1人」というのは単なる将来の可能性であったこと、しかもDNA鑑定単体ではなく、血液鑑定と併用した場合の数値であることを明らかに認識しています。にもかかわらず見出しでは既に確立された技術のように断言し、ミスリードする。この記事を書いた記者は、菅家さんの冤罪の何%かに荷担した責任を感じたことはあるでしょうか?

足利事件に関する本はこちら

関連記事