狭山事件: 伊吹本再版へ

狭山事件を推理する-近況告知板にて、『狭山事件-46年目の現場と証言』が再版される旨の告知がありました。まずはご同慶の至りです。

12月予定とのことです。初版の発行日が2009年2月25日でほとんど書店に出回らずに絶版になってしまったため、ほぼ1年ぶりの再版ということになります。内容的にも増補が行われるとのことで、特に「新証言」に関しては本邦初公開になると思いますので、事件に興味がある方は是非読んでみてください。

関連記事

3 thoughts on “狭山事件: 伊吹本再版へ”

  1. はじめて書き込みさせていただきます。よろしくお願いします。
    再販・新証言がどうなるのか、『狭山事件を推理する』の近況告知板を読んで出版社の対応をなげかわしく思っておりましたが、ようやく再販が決まり何よりのことです。
    旧版ももっていますが、あらためて購入します。年末まで新証言がお預けというのは少しつらいですが。

  2. 久しぶりに書き込ませていただきます。

    まずは、再販となったことに、関係者御中に深く敬意を表させていただきます。
    しかし、新証言とは気になりますね。

    出版されましたら、買わせていただきたく思います

  3. コメントありがとうございます>お二方

    「新証言」については、上のエントリ記事中のリンク先(5月22日の項目)をご参照ください。また、

    この2つのエントリもご参照ください。

    今回、伊吹氏が得た証言は上のエントリの話とも違う内容とのことで、一部はご本人から伺っていますが最終的には私も再版本をワクワクしながら待っています。

S.T にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です