津山事件: サンディフック小学校銃乱射事件

IMG_3578
銃乱射事件の追悼のため、半旗を掲げるホワイトハウス

アメリカで、27人(犯人の母親、児童20人、教員6人)を殺害、2人に傷害を負わせた上で自分も自殺した銃乱射事件がありました。被害者の方々の安らかなお眠りをお祈りします。

今回の事件を受けて銃の所持を制限する法律ができるのではないかという観測もありますが、個人的にそうはならなそうな気がします。なぜなら、アメリカ合衆国憲法修正第2条には「国民が銃を持つ権利は侵してはならない」と明記されているからです。この修正第2条を守り通そうとするNRA(National Rifle Association、全米ライフル協会)の暗躍もあり、一時的に「銃を規制するべきだ」という話が出たとしても、なぜか最終的には「護身のため、より銃を持ちやすくするべきだ」という法律ができるのではないかと思います。以前に「ルビー・カフェテリア事件」が起きたときがそうだったので。

NRAは案の定、「学校が丸腰だったのがいけない。全米のすべての学校に銃で武装した警備員を設置するべきだ」というコメントを出しています。「5年前、バージニア工科大学の銃乱射事件が起きたときに、すべての学校に銃で武装した警備員を置くべきだと提言した。そうしたらマスコミは私をクレイジーと呼んだ」そりゃそうでしょう。その考えがクレイジーでなかったら、何がクレイジーなのか。結局のところ、銃器業界の利益と自分の既得権を守りたいということでしょう。

この事件に関しては、犯人が兄の身分証明書を持っていたため、兄の名前が当初犯人として報道され、Facebookなどが炎上したという話もありました。昨今のこういう事件の報道の難しさも改めて感じさせられます。

とりあえず、「世界大量殺人ランキング」ページも更新しておきました。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


   

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です