狭山事件: 川越高校入間川分校について その2

bunkomap
現在の狭山准看護学校周辺地図

川越高校入間川分校についてその2です。

現在の狭山准看護学校周辺の地図に書き込みをしたものを置いておきます。この地図の右上(狭山市立中央図書館)から左下(八雲神社)に向けてかなり急な上り坂になっています。

私は個人的に、木造校舎も現在の鉄筋校舎と同じ位置に建っていたと思っていたのですが、コメントでもご指摘いただいているように、実際には現在よりも地図の左下、現在の狭山市武道館の方にずれて建っていたようです。

分校周辺の状況の変遷です。

Sayama19611105-small
分校周辺航空写真(昭和36年(1961年)11月5日)

Sayama19741225-small
分校跡周辺航空写真(昭和49年(1974年)12月25日)

Sayama20070724-small
分校跡周辺航空写真(平成19年(2007年)7月24日)

1961年の航空写真が粗いため、校舎の正門部分や、自転車置き場がどういう位置にあったのかは見えません。

なお、1961年と74年の写真で、分校の向かい側にある広い校庭は入間川小学校です。入間川小学校は2000年3月までこの位置にありました。現在は入間川沿いに移転して跡地は宅地になっています。入間川分校には校庭がありませんでしたが、本科も別科も体育が必修になっていましたので、おそらくは入間川小学校の校庭や体育館を借りて体育の授業をしていたのではないかと思います。


新校舎と旧校舎の写真と見取図です。

BunkouKyuukousha
分校旧校舎(木造)

KoushaMitorizu
旧校舎見取図

BunkouShinkousha
分校新校舎(鉄筋コンクリート)

KoushaMitorizu-New
新校舎見取図

見取図で比べても旧校舎は新校舎と比べてかなり長いので、旧校舎の写真に写っている建物は向こうの方まで全部分校の校舎ではないかと思います。

新校舎の竣工時に、手前側の広い道に面した方に門が作られ、そちらに自転車置き場も作られたようです。

JunkangogakkouPhoto
現在の准看護学校(図書館前の広い道から: Googleストリートビューより)

現在准看護学校の向こう側(左隣)にある狭山市武道館は1972年(昭和47年)開館とのことです。航空写真を見る限り、それ以前に例えばこの位置に分校の体育館があってそれを流用したということも、おそらくないと思います。現在の写真を竣工時の写真と比べると、武道館がないのはもちろん、手前のピンク色の建物もありません。この建物は後で准看護学校になってから増築されたようです。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です