月別のブログアーカイブ: 2月 2016

その他: 『元報道記者が見た昭和事件史』

昨年末に、津山事件の調査ルポを多く書いていらっしゃる石川清さんが『元報道記者が見た昭和事件史』という本を上梓されました。昭和の猟奇事件のうち、あまり一般的には採り上げられていないものを丹念に取材した労作で、この手の事件に興味がある当方としても知らなかった事件が多く、参考になりました。

内容として、人肉食、近親殺害など相当におどろおどろしい事件が多く、この手の事件に興味がある方でもさすがに受け付けないというレベルのものもあろうかと思います。ただ、それだけに、昭和期以前の日本における農村や地域共同体の「闇」の深さについて改めて思い知らされます。特に人肉食については、生活・信仰・薬効など、様々な理由で様々な地方で行われていたことが語られており、どこまで一般的なものだったのかという疑問も湧いてきます。

また、その「闇」は、平成の現在、本当になくなったのだろうか、ということも考えさせられます。いわゆる「いじめ」関連の事件などは、根っこは同じものではないでしょうか。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

津山事件: シリーズ・Jミステリーはここから始まった! 第2回「横溝正史“八つ墓村”」

シリーズ・Jミステリーはここから始まった! 第2回「横溝正史“八つ墓村”」が放映されました。1時間の番組中、津山事件に触れられていたのは5分ほどでしたが、中であった以下のような指摘は新鮮でした。曰く、「都井睦雄と田治見要蔵では、三十人(三十二人)殺しという結果は同じでも、動機が正反対である。睦雄は承認欲求、要蔵は詐欺師感情に基づく事件ではないか。睦雄は村人にバカにされた(バカにされたと感じた)ために犯行に及んだ。要蔵は村の支配者であったが、その地位は自ら手に入れたわけではないために実感が伴っておらず、その地位を捨ててリアリティを求めるために犯行に及んだのではないか」というものです。

確かに、要蔵の場合、「発狂した」以外に事件を起こす理由がないんですよね。その発狂した理由も描かれていませんし。「八つ墓の祟り」ということで済ませてしまっていたところにこの指摘で、ちょっと意表を突かれた思いです。

ちなみに、番組中で津山事件の新聞記事が出ていて、そこに被害者の実名がアップで映っていましたが、あれは当方が提供したものではありません。当方から提供したのは、津山事件報告書の睦雄の写真と、犯行時の服装の再現の写真です。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事