月別のブログアーカイブ: 5月 2012

狭山事件: A先生について

被害者の中学時代の担任で、佐野屋での身代金受渡にも立ち会ったA先生は、事件が起きてからかなり後(1970年代)までマスコミや野間宏さんの取材に応じていました。しかし、現在は伊吹さんが電話をしてもまったく取り合っていただけない状況です。私(本ブログ管理人)も一度お電話したことがありますが、奥様らしき方が出られて「そういうお話は全てお断りしています」と言われました。

その理由について、伊吹隼人さんより「1980年代半ば頃に批判的にマスコミに取り上げられたことが原因ではないか」との情報をいただきました。本日の画像はその記事です。

上記引用はすべて週刊新潮1985年3月21日号です。

この記事でのA先生は、日教組系教員のいいなりになっているダメ校長という、かなりひどい書かれ方をしています。この記事がマスコミ不信・取材拒否のきっかけになったのではないかという伊吹さんの説にも頷けるものがあります。

個人的には、この記事もさることながら、昔日は暴力教師として生徒を支配下に置いていたA先生が、日教組系教師の突き上げでその傀儡とならざるを得なくなったことで変に屈折してしまったのではないかなあ、という気もします。
今の人がこの記事を読むと、こんな風に教師が成績を改竄したり、生徒が合格した高校に押しかけて合格を取り消させようとするなんて本当にあるの?と思うのではないでしょうか。しかし、日教組系教師が支配する学校(私が通っていた中学もそうでした)というのは、様々な理不尽がまかり通るところでした。この記事に書いてあるのと似たようなことを実際に私(本ブログ管理人)も経験しましたし、記事に書かれていることはおそらく事実だと思います。
そうなると、それを抑えられないことに対するA先生の鬱屈も相当なものであろうと思われ、それで従来は正義感から取材を受けていたA先生が取材拒否に転じてしまったのではないか、というのが私の推測です。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。また、とらのあな通販もご利用ください。


 

関連記事

津山事件: 現地調査会のお知らせ

すいません。諸般の事情により本件中止とさせていただきます。もし検討中という方がいらっしゃったら申し訳なく、お詫び申し上げます。また時期を見て改めて企画したいと思います。

試験的に津山事件の現地調査会を開催してみます。

  • 集合: 5月26日(土)午前10:30津山駅または午前9:00岡山空港
  • 解散: 26日(土)午後5:00津山駅または27日(日)午前11:00岡山空港
  • 訪問予定地: 貝尾、荒坂峠、倉見(睦雄の墓)、姉のうどん店、「ゆり子」宅
  • 費用: 資料代とレンタカー代割り勘(2千円程度)
  • 募集人数: 最大4名(小型のレンタカーで回りますので、それ以上は乗車不可です)
  • その他: 当日夜、当方は湯郷温泉にて宿泊予定です。翌日岡山空港にての解散をご希望の方は湯郷音泉で宿をお取りください。
  • その他2: 当日、同人誌の販売をご希望の方は手渡しすることも可能です。ただし持って行かなくてはならないので事前にお申込ください。

場所が場所だけに参加できる方は少ないと思いますが、もしご希望の方がいらっしゃれば blog@flowmanagement.jp (間の@を半角に変換してください)宛にメールをいただくか、本エントリにコメントで申込をお願いします。(申込コメントは表示しません)

予定変更等がある場合には本ブログにて告知します。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。また、とらのあな通販もご利用ください。


 

関連記事

その他: サーバ移転完了

サーバの移転が(ほぼ)完了しました。
もし不具合があれば本エントリのコメントか、blog@flowmanagement.jp(間の@を半角にしてください)宛にメールでお知らせいただけると幸いです。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。また、とらのあな通販もご利用ください。


 

関連記事

その他: サーバ移転のお知らせ

現在本ブログを設置しているサーバにいろいろと不具合が出ているため、近々サーバごと移転することを検討しています。

  1. 移転が完了するまでの間、接続が多少不安定になることがあります。あらかじめご了承ください。
  2. できるだけ完全に移行する予定ではありますが、本日以降にいただいたコメントに関しては消えてしまう可能性がゼロではありません。こちらも恐縮ですがご了承いただけると幸いです。

本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。また、とらのあな通販もご利用ください。


 

関連記事

狭山事件: 現地調査終了と川越高校入間川分校校舎の盛り土について

4月30日の現地調査は無事終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

現地調査の際に伊吹隼人さんから、「入間川分校は、旧木造校舎を鉄筋コンクリート校舎に建て替える際に、3~4mほど盛り土がされているようだ」というご指摘をいただきました。確かに木造校舎の写真と現在の写真を見比べてみると、木造時代には向こう側にある公民館とほぼ同じ高さに校舎があるのに対して、現在はかなり大きな段差があります。

bunkou木造時代の分校校舎

現在のほぼ同じ位置からの撮影

この写真を見比べると、木造時代には向こう側に見える公会堂と分校校舎がほぼ同じ高さにあり、道路からかなり下がった位置にあったのに対して、現在は公会堂よりかなり高い位置で、東道路とほぼ同じ高さに分校校舎(現在の准看護学校校舎)があります。

Read more… →

関連記事