カテゴリーアーカイブ: 狭山事件

狭山事件: 津山事件: 雑誌記事

本ブログで取り上げている事件関連の記事が2件、雑誌に掲載されました。

  • 「実録・昭和事件史 私はそこにいた」:伊吹隼人さんによる狭山事件に関する記事が掲載されています。基本的には事件の概要解説なのですが、被害者の末弟や、被害者と当時一番仲が良かった男子学生のインタビューが挿入されているなど、短い中にも情報量が多く、参考になる記事です。
  • 「封印発禁ダークゾーン Vol.11」:私が、『津山事件報告書』を求めてスタンフォード大学へ行った時のことを書きました。基本的には同人誌で書いたこととほぼ同じ内容です。まだ同人誌の方を読んでいないという方はどうぞ。

いずれの本も本記事の下の方にあるAmazonリンクからご購入いただけます。

また、5月21日は津山事件が発生してからちょうど80年目にあたる日でした。改めて事件で亡くなった方々の安らかなお眠りをお祈り申し上げます。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

狭山事件: 川越高校入間川分校跡地が更地に


川越高校入間川分校跡地

年末に伊吹隼人さんから情報をいただきました。被害者が通っていた川越高校入間川分校の校舎は、入間川分校の廃止後は狭山医師会立准看護学校として使われていましたが、手前にあった狭山市公会堂、後ろ側にあった武道館ともども完全に更地になってしまいました。

最近まであった狭山医師会立准看護学校の建物は、狭山事件の翌年に建て替えられたもので、事件当時そのままではありませんでしたが、それでも事件当時から使われていたと思われる門柱など、当時の面影は随所に残っていました。跡地はとある企業の本社ビルと、分譲マンションになってしまうようです。

現在の駅東口(事件当時は東側に駅はありませんでした)方面も、再開発が進んで事件当時の面影がなくなって行っています。唯一、三柱神社(荒神さま)が、規模は縮小されたものの残っている程度でしょうか。また、佐野屋も建て替えられ、普通の住宅になってしまっています。さらに、佐野屋から権現橋に向かう道路も整備され、所沢方面へ直通する片側2車線の主要道になってしまいました。

既に事件から55年が経過して、私が初めて現地を訪問してからも既に10年、刻一刻と事件の面影は消えて行っています。

事件当時の地図は、こちらをご参照ください。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。



関連記事

その他: コミケC93来訪御礼

コミケ無事終了しました。ご来訪ならびにお買い上げをいただいた皆様、誠にありがとうございます。

今回のコミケで頒布した本の通信販売取扱を開始しました。詳細はこちらのページをご参照ください。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。



関連記事

その他: コミケC93

当日のお品書き(予定)です。

タイトル 著者 予価
【新刊】狭山事件資料集~行動・状況篇~ 事件研究所 ¥800
狭山事件の現場とその現在 伊吹隼人 ¥500
狭山事件資料集~人物篇~ 事件研究所 ¥800
狭山事件 現地インタビュー集 Vol.1 伊吹隼人 ¥1,800
狭山事件 現地インタビュー集 Vol.2 伊吹隼人 ¥1,000
狭山事件 現地インタビュー集 Vol.3 伊吹隼人 ¥500
津山事件の真実 第三版 付録なし版 事件研究所 ¥1,200
津山事件の真実 第三版 付録付き版 事件研究所 ¥3,900
狭山事件 -46年目の現場と証言- 伊吹隼人 ¥1,000
下山事件の真実 事件研究所 ¥800

本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。



関連記事

狭山事件: 「未解決事件 犯人を捜せ」

既にこちらの記事のコメント欄で言及していただいていますが、伊吹隼人さんが寄稿した「週刊実話 増刊 未解決事件 犯人を捜せ」が本日(12月11日)に発刊されました。コンビニやAmazon等でも購入可能です。今回の記事はかなり踏み込んだ内容となっており、これまで出版されたさまざまな推理に対する反論のみならず、伊吹さん独自の犯人像も提示していらっしゃいます。ご興味がある方は是非ともご一読をお奨めします。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。



関連記事

その他: 冬コミC93

コミケC93に参加します。概要は以下のとおりです。

  • 日時: 12月31日(日)10:00~16:00
  • 場所: 東京ビッグサイト
  • ブース場所: 東テ01a
  • 新刊情報: 随時更新します

今回、ホール入口近くのお誕生日席(入口と面した席)が当たったので、ちょっと気合いを入れて参加したいと思います。
お時間がある方は是非お立ち寄りください。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

狭山事件: 本日の現地調査は中止です。

伊吹隼人さんより、本日の現地調査は天候不良のため、残念ながら中止との連絡がありました。
また次の機会によろしくお願いします。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

狭山事件: 現地調査 2017年11月

伊吹隼人さんより、現地調査会を開催する旨の連絡がありました。参加を希望される方がいらっしゃればご連絡ください。

  • 開催日:2017年11月18日(土)
  • 集合場所:西武新宿線・狭山市駅改札口前
  • 解散場所:西武新宿線・狭山市駅東口
  • 集合時間:12時30分(昼食は事前にお済ませください・日が短い時期ということもあり、前回より早めの集合時間となっています。ご注意ください)
  • 歩行距離:約4.5km 所要時間:約4時間
  • 参加費:100円前後(資料代等実費+交通費(レンタカー・タクシー代等)割り勘実費)
  • 雨天の場合(午後雨天の予報含む):中止(※微妙な場合は当日朝10時までに本ブログにて告知致しますのでご確認ください)
  • コース:佐野屋跡、薬研坂等
  • 歩きやすい服装ならびに靴でご参加ください
  • 終了後には狭山市駅前飲食店にて「意見交換会」を行います(希望者のみ)
  • 政治的、思想的な背景の全く無い調査会ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。主として「純粋に事件の内容のみを知りたい、真実が知りたい」、という方々のご参加をお持ち致しております
  • 資料の準備等の都合上、参加をご希望の方は前日までにblog@flowmanagement.jp(間の@を半角に変換してください)宛にメールでご連絡ください。ご本名、住所等はご記入いただかなくて結構です。当日の天候等の関係で実施が危うい場合にはいただいたメールアドレスにご連絡しますので、blog@flowmanagement.jpからメールを受信できるよう(スパムではじかれないよう)設定して下さい。

  • 本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


    関連記事

狭山事件: 伊吹隼人氏講演会

掲題の講演会につきまして、いよいよ明日に迫りました。
ご応募いただいた方々は、是非とも講演と質疑応答を通じて狭山事件の奥深さを感じていただければと思います。
開催詳細は前の記事をご参照ください。↓

狭山事件: 伊吹隼人氏講演会

関連記事

狭山事件: 伊吹隼人氏講演会

伊吹隼人さんより、講演会を開催される旨の連絡がありました。

質疑応答の時間を取ってご質問にお答えしたいとのことですので、ご興味がある方、事件について質問がある方は是非ともご参加ください。

  • タイトル:「狭山事件とその真相」
    狭山の現場周辺で45年間に亘り調査を続け、1,100人を超える関係者・現地住民にインタビューを行ってきたノンフィクション作家・伊吹隼人(『検証・狭山事件』『狭山事件―46年目の現場と証言』等著者)が、事件の概要やその謎・現場の変遷・関係者の現況等について語ります!(当日はスライド上映を行うほか、質疑応答の時間も設けます)
    この事件の真相や当時の社会状況等について興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非共ご参加ください!!
  • 開催日時:2017年7月16日(日)14:00~16:00
  • 場所:板橋区立文化会館 第二会議室
    (東武東上線大山駅から徒歩2分)
  • 参加費:500円前後(資料代等実費)
  • 先着にての受付となります。受付は前日までとさせていただきます。
  • 政治的、思想的な背景の全く無い講演会ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。主として「純粋に事件の内容のみを知りたい、真実が知りたい」、という方々のご参加をお持ち致しております
  • 資料の準備等の都合上、参加をご希望の方は前日までにblog@flowmanagement.jp(間の@を半角に変換してください)宛にメールでご連絡ください。ご本名、住所等はご記入いただかなくて結構です。当日の天候等の関係で実施が危うい場合にはいただいたメールアドレスにご連絡しますので、blog@flowmanagement.jpからメールを受信できるよう(スパムではじかれないよう)設定して下さい。

  • 本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


    関連記事