宝島SUGOI文庫『昭和10大ミステリー キツネ目の男はいなかった』

去る2月1日に刊行された、宝島SUGOI文庫『昭和10大ミステリー キツネ目の男はいなかった』に、伊吹隼人さんの「部落差別を照射した昭和のミステリー『狭山事件』と関係者たちの『それから』」と題する記事が収録されているとのことです。ご興味がある方は是非ともお買い求めください。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。



関連記事

One thought on “宝島SUGOI文庫『昭和10大ミステリー キツネ目の男はいなかった』”

  1. 石川一雄さんによると、初め有罪の自供を維持したのは「兄ちゃんが犯人だと思っていたから」だそうですね。一家の大黒柱である兄が逮捕されたら大変なので自分が罪をかぶったが、後で兄と接見し、兄にアリバイがあると聞いたので無実の主張に転じた、と。

    ところで、石川さんの接見禁止が解けたのは1963年9月4日のことです。しかし石川さんが無実の主張に転じたのは1964年9月10日のことです。接見禁止解除から1年以上が経っています。

    その間、1964年3月から4月にかけ、石川さんは知人や裁判長に対して犯行を認める旨の手紙を書き送っています。「私は必ず人を殺して反省をしないようでは神様が黙ってはおりません」「私は狭山の女子高校生殺しの大罪を犯し」等々。

    そうすると、石川さんは何年何月にお兄さんから「俺はアリバイがある」と聞かされたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です