下山事件: 李中煥供述調書 その1 幻のGHQ極秘文書を発掘!

Ichunhuang-1供述調書(アメリカ公文書館蔵)

Ichunhuang-2供述調書に添付されていた検察庁による調書

先日米国に出張した際に、CIAの友人から上のような極秘文書を入手しました。私(本ブログ管理人)は以前某大手総合商社に勤めていたことがあり、この友人とは仕事関係で知り合ったのですが、意気投合して商社をやめてからも友人としていろいろと国際情勢について意見を交換しています。おかげで月に国際電話代だけで数百万円かかってしまいます。

話を戻すと、この李中煥供述は1979年7月6日付サンケイ新聞の記事のネタ元であり、『夢追い人よ』や『葬られた夏』などでも取り上げられていますが、原本のコピーについては長い間行方不明になっていました。くだんのCIAの友人によれば、「とある関係筋から入手した」とのことです。
ご覧いただけるとおり、「SECRET」の文字の下に、GHQ・連合軍最高司令官の関係文書であることが明記されています。また、宛先はホイットニー准将(GHQ民政局長)になっています。

検察庁の用箋に肉筆で書かれた調書は、本日掲載した部分に、下山総裁を車で誘拐し、ソ連大使館で血を抜いて殺害した様が語られています。
検察庁は多少の裏取りだけでこの供述を虚偽のものとして捨ててしまったようですが、やはりこれだけ生々しい供述ができるということは、下山総裁殺害に何らかの形でこの李中煥が関わっていたのは間違いないのではないでしょうか。そのあたりの偽装工作の高度さから言っても、相当高度な謀略機関が関与しているのは間違いないと考えられます。

相変わらず体調不良につき長文を書くことがままならないので、考察についてはまた改めて。

ここ最近、体調はすぐ
れないのですが、家にじっとしてるの
はよくないと思って、時々
釣りに出かけています。船から降
りるとどうもやはり調子悪いの
で、家にいればよかったと後悔しま
す。やっぱり疲れるだけです
よ。念のため。

関連記事

2 thoughts on “下山事件: 李中煥供述調書 その1 幻のGHQ極秘文書を発掘!”

  1. お久しぶりです。

    ひゃー!
    どんな内容かと思ったら、とんでもないものが出てきましたね!
    いやーっ、これはまさに世紀の発見と申せましょう!
    つまり、内容を見るにソ連がかかわっていたということでしょうか?平成三部作で
    リットン調査隊の写真を見てみるに、ノモンハン事変から連綿と続くソ連のわが国へ謀略
    ではないかと小生は思っているんですが、管理人殿はいかがお考えでしょうか?
    すなわち、シベリア・満州にかかわる謀略の匂いがします。これは今晩は
    ねることもできなさそうな記事でした。

    最後になりましたが、コメントがちょっと苦しかったですかね?

  2. たしかにとんでもないものと言えるでしょう。
    テレビあたりでなぜこれをとりあげないのか
    よくわかりません。
    みた人はきっと他殺で間違いないと納得します。
    乙型でしたね。ノモンハン事件当時の九七式戦は。
    ディーゼル機関採用のチハたんも大活躍でした。
    すべてはやはりソビエトGPUの陰謀でしょう。

    すいませんちょっとまだ体調不良なのと、海外から上司が来日していて多忙なのでここから平文です(笑)。

    念のため書いておくと、本エントリの文章でネタでないのは以下の3点だけです。
    ・李中煥供述調書ならびに表書きのGHQ文書の内容
     (このコピー画像はホンモノのGHQ文書です)
    ・李中煥証言が『夢負い人』や『葬られた夏』にとりあげられていること
    ・私が昔某総合商社に勤務していたこと(どうでもいいことですがw)
    「アメリカ公文書館蔵」もウソではありませんが一部ネタが混ざっています。後のエントリで詳細ご説明します。

S.T にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です