狭山事件: 被害者とOGの時系列的動向

被害者とOGの当日の行動を時系列的にまとめてみました。事項の取捨選択は私(管理人)の主観によります。時刻については証言者本人が一番最初に言った時間を採用しています。時刻に関しては後で刑札が「つじつまが合わない」として変更させていることも多く、関係書籍ではその変更後の時刻が採用されていることも多いのですが、最初に言い出した時刻には証言者本人なりの根拠があると思われること、「原証言」としての価値があると思われることからその取り扱いとしています。もし異論があればコメントでご指摘ください。

第一ガード、第二ガード、S自転車店等の位置関係については、事件関係地図も参照してください。大きい地図の方でいうと、ほとんどの関係地点が一番左側の方(西武線の線路沿い)に集まっています。

時刻 その他
14:30 14:35 授業終了「一番最初に出て行った」「女学生の友を読んでいた」などの同級生の証言
14:00~15:00 OT君が沢のS自転車店そばで目撃
14:00~14:55まで小雨
15:00 15:00前後 A先生が第2ガードで目撃
14:00~15:10の間 郵便局に立ち寄り(後に15:20~30に証言訂正)
15:20頃 主婦が第1ガードで目撃
15:23 同級生が教室を出て行くのを目撃
15:00まで 同僚と同乗で仕事
15:00過ぎ 新居で隣家の男性が目撃(後に刑札によって17:00へ変更)
15:26~15:39まで雨
15:30 15:40頃 東中で野球を見ていた? 15:30~16:00の間 実家に顔を出す?
15:40 会社で同僚が目撃
16:00 16:00 同僚が会社で目撃
16:00過ぎ~ 実家で振る舞い酒
16:00頃 TNがやげん坂で怪しい3人組を目撃
16:20から本降り、以後翌2日2:30頃まで土砂降り
16:30
17:00 17:00頃 実家で宴会開始 遅くとも17:00頃までに事件発覚、刑札に通報
17:30 17:30頃? 県刑本部長が浦和の県刑本部を出る
18:00
18:30  
18:50頃 長兄が車で学校へ
18:30頃 県刑本部長が所沢署に到着、西武園の捜索を指示
19:00 19:00頃 実家の宴会終了。その後、新居に行って泊まった?
19:30 19:30 長兄が家に戻る
19:40 脅迫状発見(公式な事件発覚時刻)

黄色は、被害者がまず間違いなく生きて目撃されたと考えられる時間です。また、「?」がついている内容は時間あるいは目撃証言等に多少の疑義がある部分です。

以下は現時点での私(管理人)の個人的な考えのメモです。基本的に主観(脳内)なのでまともに信じないでください。一部、当ブログでこれまで書いてきたことと重複します。この部分は今後予告なく編集・変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

  • 被害者について
    • 14:35の授業終了後外出した
    • 授業終了後の外出時点では小雨が降っていた。第二ガードでA先生に目撃されたのが、本当の待ち合わせだったのか、雨宿りだったのか不明。
    • おそらくはA先生に目撃された後で待ち合わせ変更を伝えられ、どうしようかなーとウロウロしているところをS自転車店前でOTくんに目撃された
    • その後、いったん教室に戻って、最終的に15:23に教室を出たところを同級生に目撃された
    • 堀兼中の後輩の目撃証言(@東中、15:40頃)はおそらく正しい。当時、OTくん証言の影響と刑札の誘導で、この証言はそれほど重要視されなかったと思われる
    • 第一ガードでの目撃証言はおそらく2度目に教室を出た後。主婦の証言は15:20頃となっているが、これは時計などを見て確定した時刻ではない。実際は15:45~15:50頃ではないか(根拠は特にないが、前後関係から)
    • 事件の発覚が遅くとも17:00頃であることを考慮すると、犯人は15:23から17:00までの1時間30分ほどの間に被害者の身柄確保を済ませ、被害者宅への第一次脅迫を行っている。実際には第一次脅迫はそれより早かった可能性も高く、また、上記の15:40頃に東中で被害者を見たという証言も考慮すると犯人に与えられた時間は1時間ほどしかないため、犯人の機動性(車を使用?)とアジトの近さ(OG新居?)を感じさせる
    • その短い時間に第一次脅迫を行っていることから考えると、犯人は電話を使用したものと思われる。当時入間川駅(現狭山市駅)前周辺に公衆電話があったかどうか不明だが、公衆電話で堂々と脅迫の話をするとも思えず、軟禁場所であるOG新居からそれほど遠くない場所で電話が使える状況だったのではないか
    • 犯人は被害者の身柄を確保した後、トマト・なす等を含む食事を摂らせて、それから2時間以内に殺害した
  • OGについて
    • 15:00まで同僚と仕事をしていて、その後いったん職場を出た
    • おそらくは被害者に会って待ち合わせ変更を伝え、その後新居に立ち寄った
    • 新居で自分から声を掛けていることからしても、この時点で自分(OG)が事件に巻き込まれているという認識はなかった
    • 16:00すぎに最終的に職場を出て実家に向かい、そこで到着後すぐに振る舞い酒→宴会を始めた
    • 亀井本では5月1日の事件当日、19:00の宴会終了後に新居に行って泊まったことになっている。しかし、実家に泊まることができるのに、宴会が終わって酔っぱらった状態で、わざわざ土砂降りの雨の中を新居に行くかどうか疑問が残る
    • OG自身は被害者を呼び出しただけで、事件そのものに関与していたわけではないと思われるので、OGが新居に来るのは犯人にとっても不都合だったのではないか
    • OGは運送会社に勤めていたが、運転助手だったのでおそらく免許は持っていなかった。職場には自転車で通っていた

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です