狭山事件: 被害者の日記 その6 事件当日の日記

被害者の日記女性自身昭和38年5月20日号(再掲)

一応確認です。

被害者の事件当日の日記には「私の誕生日(十六才)うれしい」とだけ書かれており、他に何もなかったことが上記の画像でも確認できます。一番左側の、一番下になっている部分が5月1日の日記です。雑誌記事をスキャンしたもので解像度が低いのですが、かろうじて判読可能です。

以前にも書いたように、被害者は事前に日記の左側に当日の予定などを書き込んでおいて、その日が終わってから実際にあったことを右の方から書いていたようです。その中で、しつこいようですが、事件当日である5月1日の予定に、待ち合わせについて書かれていないのがどうも気になります。以前のエントリでは、「うれしい」の理由が待ち合わせではないかと書きましたが、他の日にはもっと詳しく予定を書いていること、MHくんへの恋心も隠さずに書いていることなどから考えても、待ち合わせの予定がこの5月1日左側を書いた時点で判明していたのであればはっきり書いたのではないかと思います(個人的な推測です)。

「女性自身」5月20日号にこの写真が掲載され、内容も報道されているということは、刑札は早々に日記を被害者家族に返還してしまっており、現時点でも日記は家族のもとにあると考えられます。写真は撮られていて後で(インク鑑定資料として)一部が弁護側にも公開されたようですが、是非とも全ページ、特に事件前日である4月30日分の写真による公開を望みます。

ちなみに、下から2番目は5月20日の日記「今年はぜひ、後楽園で王さんに会いたい。最も良い成績をおさめてほしい、王さんの誕生日だ。今年は優勝してほしい」です。王選手は前年の昭和37年に一本足打法を始めて本塁打・打点の二冠王を達成し、事件のあった昭和38年にはそれを上回る成績を残して(ただし打点王は長嶋)、巨人も優勝しました。しかし、被害者がそれを確認することはできませんでした。

一番上になっている日記が全く読めないのが残念なところです。また、この写真の撮り方からいって、ページをバラバラにしてしまっているようです。刑札で写真撮影するときにバラしたのか、「女性自身」が撮影するときにバラしたのかは不明です。

 

関連記事

13 件のコメント: “狭山事件: 被害者の日記 その6 事件当日の日記”

  1. 管理人様へ

    被害者の日記につきましては、管理人様がご指摘のとおり、重要な資料と思えますので、開示・公開が待たれます。
    「4月30日(火)」の被害者の日記ですが、管理人様の以前の記事にございました、「女性自身」(昭和38年5月20日号)の掲載内容では、『二年生は修学旅行に関西へでかけた。入間川駅四時二十五分発。見送りに行った。』とだけありますが、被害者の誕生日の前日の日記にしては、あまりにあっさりした内容と思えます。「女性自身」の記事は、「4月30日(火)」の被害者の日記の一部だけを掲載していることも考えられますので(捜査機関がもともと、「4月30日」の一部しか公開しなかったなど)、管理人様のおっしゃるように、「4月30日分の写真」それ自体の公開で、その内容を確認したいですね。

    ところで、被害者の日記内容につきましては、以前から少し気になる点があります。本筋とは関係ないと思われ、考えすぎかもしれませんが、以下の「4月26日」と「4月27日」の日記の表現に関してです。

    『4月26日(金)晴
    (前略)これからのバカンスのことを考える。
    今晩も涙を流し、眠りに入った。
    つらい。苦しい。それもみんなおこづかいのことだ。涙が枕元を流れた……』

    『4月27日 晴 
    (前略)
    夜もおこづかいのことで兄と言い合い涙をこぼしてそのままふとんにもぐった。
    ふとんのなかでも くやしい くやしい ——-。』

    上記の両日の日記の記載は、いずれも、『被害者が「ねどこ」(ふとん)に入ってから』以降の被害者の行為が書かれていると思われます(「眠りに入った」、「涙が枕元を流れた」、「涙をこぼし、そのままふとんにもぐった」、「ふとんのなかでも、~」)。
    これらの『「寝床」に入ってからの行為』は、被害者が「寝床に入る前」(被害者が机にすわって起きていたとき)に書いたとは思えないような気がするのですが。そうすると、上記の両日の記載は、①被害者が「寝床でふとんに入った状態で書いた」か、②各「日記の日付」の翌日になってから、前日のことを思い返して前日の日記(のぺーじ)に書いたかのどちらかと思えます。
    ①に関しては、被害者の自筆が確認できる「4月27日」については、被害者の万年筆の文字がしっかりしていて、寝床で書いたような文字には見えません。そうしますと、②の可能性もあるのでしょうか。

  2. この日記の見る限り、被害者は翌朝か翌日帰宅以後に前日の出来事を記していたのだと思われます。ただ、その際には各日付と整合させるために、「今晩も~」のように現在形で記したりしていたようですね。各日付最後の「備忘録」代わりにしていたと思われる部分(予定)も同様で、「午前七時、川越に向かった。今日はJ・R・Cのことでバスで群馬県に行くのだ」のように、日付に合わせた記述がみられます。

    ただ、今回の禅さんの指摘によって、私はある重大な事実に気づいてしまいました。
    被害者は、いつも翌日に前日の出来事を記入していたため、「王選手の誕生日」や公的行事などを除く、「明日、××さんに『おめでとう』を言おう」等の個人的な行動予定(備忘録)については、どうやら前日ページにあらかじめ記していたようなのです。これは、まだ何も記していない当日ページの最後に記したのでは「備忘録」として役に立ちませんから、この被害者の場合、ある意味当然のことだったと言えるのかもしれません。
    ですから、そうなると「5月1日の予定」に関しては当日ページではなく、「4月30日」の最後に記されていた、ということになります。前日の日記写真が公開されなかったのは、そこに“何か”があったためではないか、とも思われるのですが、果たしてどうでしょうか?

  3. (追記)
    前のコメントで、「被害者は翌朝か翌日帰宅以後に前日の出来事を記していた~」と書きましたが、「4月30日」の記述が残っているのですから、もしかしたら毎朝起きてから登校までの間に前日の日記を付け、その日の予定を「備忘録」で確認する習慣があったのかもしれないですね。

  4. なるほど。確かにお二人のご指摘通りですね。

    今日はJ・R・Cのことでバスで群馬県に行くのだ

    明日、××さんに『おめでとう』を言おう

    この、「今日」と「明日」の違いには気がつきませんでした。

    被害者が翌日朝に前日のことを書いていたとすると、事件当日(5月1日)の朝に書いたであろう4月30日の日記は本当に「二年生は修学旅行に関西へ出かけた」だけしか書いていなかったのか、ますます気になります。30日夜に次兄に1000円をもらったことや、その使い道、さらには5月1日の待ち合わせの話は書かれていなかったのでしょうか。
    女性自身の記者は現物を見ているはずですが…

  5. ご無沙汰していました。

    以前ぶしつけに書き込みさせていただいた「犯人グループに刑札関係者がいた可能性」につきまして、ご丁寧なレスをいただきありがとうございました。
    この小生の書き込みの際に、「実際に石川氏が犯人に仕立て上げられた」という事実を失念していました。

    それにしても、「新伊吹本」にて明かされた新事実等を拝読していますと、以前は一笑に付していた某巨大掲示板の「1-898」氏の書き込みが妙に気になります。
    なんと申しましょうか、非常に「辻褄が合う」のです。

    この「1-898」氏の書き込みに関しまして、管理人殿・伊吹殿は、如何ご考察なさっていらっしゃいますでしょうか?
    できれば、ご意見をいただきたく存じます。

  6. コメントありがとうございます。

    「1-898」氏の書き込みについては、こちらのエントリでも書かせていただいたように確かによくできている話だと思います。ただ、TNが他殺であるという話や「議員U」の実在性などいくつか疑問もあるのも確かで、あの話が本当に元捜査本部にいた人の話なのかどうかを含めて、事実なのかどうかについては議論が分かれるところではないでしょうか。

    1-898氏、あるいはその「おじさん」に直接話が伺えれば、いろいろ確認してみたいところです。

  7. 「1-898」氏の書き込みについてですが、この「叔父さん」自体はおそらく実在する人物なのではないか、とも考えています。丸きりの作り話であるなら、皆を信じ込ませるため「所沢署の警備課主任」ではなく「元・狭山署の刑事」とでも書くでしょうし、話も前半部分は非常に具体的かつリアルです。
    ただ一方、後半部分では不自然さと矛盾が目立ちますし、真相に関する推理もまったくいただけないですね。そもそも、隣接する署からの応援で行った「警備課の主任」に過ぎない人物が全体の捜査状況や詳細について知るはずはありませんし、被害者宅の内情に関して調査などするはずもないでしょう。
    「揺さぶりをかけるため」に被害者を誘拐し、すぐに帰すつもりだったが、突発的に殺害してしまったのでは? とのことですが、被害者は幼児ではなく16歳の女子高生です。被害者は何も背後事情を知らないのですから、その場合解放されればすぐに警察に駆け込むはずですし、犯人の顔・監禁場所も全部記憶しているのですから、「栄作さんと対立していた人物」はそれのみですぐに逮捕されるはずです。それに、「家の秘密をバラせば、栄作さんは今の地位を保てず、土地を追われるかもしれない」なら、わざわざ殺人などせずにそれをバラせばいいだけの話でしょう。「誕生パーティを口実にした呼び出し」「強姦」に関してもまったく説明がなされていませんし、これだけでは事実ともまるで符合しません。大きな「玉石」などもあらかじめ準備していますし、殺害は計画的なものだった、とみる方がやはり自然なのではないでしょうか?
    あと、田中昇宅へは私も何度か行っていますが、あの家で家族もいる夜の時間帯に殺人を行うのはまず不可能です。そのほか、この「叔父さん」は「長女Kさんのツテで栄作さんに話を聞いた」となっていますが、当時Kさんは栄作さんと「口もきかない」状態だったので、これもまず有り得ないことです。
    最後に「薬研坂」ですが、あの雑木林の中を真夜中に懐中電灯無しで通り抜けるのは絶対不可能です。また、もし懐中電灯を持っていたとしても、周り全部を照らしながら一歩、一歩という感じでしか歩けませんし、入間川方面まで抜けるには確実に数時間を要します(石川氏の「自白」がデタラメなのはこれだけでも明らかかと思います)。
    以上のようなことから、私は「1-898」氏の書き込みは前半部分は真実、後半部分は氏自身が話を膨らませて推理を付け加えたもの、とみています。

  8. 管理人様  伊吹様

    お考えをお聞かせいただきまして、ありがとうございます。

    被害者の日記につきましては、瑣末な点で考えすぎかもしれませんが、以下の点も気になっております。

    1.「天候」欄
    ・管理人様が、これまでに引用されている資料から判明する、日記に記載されている天候は、以下の通りです。

    【「女性自身」(昭和38年5月20日号の掲載記事)】
     1/1(火)  快晴
     1/7(月)  晴のちくもり
     1/8(火)  くもり
     1/9(火)  晴
     1/12(土) くもり
     2/3(日)  雪のちくもり
     2/8(金)  くもりのち晴
     2/13(水) 晴
     3/1(金)  晴
     3/7(木)  快晴
     3/15(金) くもり時々晴
     3/21(木) 晴
     3/22(金) 晴
     4/8(月)  小雨
     4/10(水) 晴
     4/26(金) 晴

    【「無実の獄25年」(被害者の日記の写真)】
     4/27(土) 晴
     4/29(月) 晴

    ・上記で引用の「女性自身」の記事の中で、「4月30日(火)」と「5月1日(水)」だけは、「天候」欄に天候の記載がありません。「女性自身」の記事の記載漏れでなければ、被害者の日記に関し、両日の天候の記載はなかったと考えれらます。

     このうち、「5月1日(水)」については、これまでもご指摘がございますが、被害者自身の誕生日について「事前に記載」していたのであれば、「5月1日」の「天候」欄がブランクであることは当然と思われます。
     しかしながら、すでに当日の出来事を記載済みの「4月30日(火)」の「天候」欄が空白なのは、なぜなのでしょうか。

     被害者は、上記の「天候」欄の記載で、「晴のちくもり」「雪のちくもり」「くもりのち晴」「くもり時々晴」など、2つ以上の天候を記載する場合でも「時々」と「のち」を区別し、また、「晴」と「快晴」を区別し、さらに「小雨」とあることから、単なる「雨」と「小雨」を区別していたと思われます。
     そのような天候欄の記載傾向からしますと、被害者は、天候状態に対する意識が高く、通常であれば、日記の天候欄を空欄にするとは思えないのですが。

     「4月30日」の日付のページへの記載は、伊吹様のお考えのように、「5月1日」の朝であることが考えられますが、5月1日は、登校前に郵便局に立ち寄る用があるなど、いつもより早く家を出る必要があるなどであわただしかったので、あるいは「5月1日の下校後の予定」に想いをはせるなどで気をとられ、「4月30日」の天候欄の記載をし忘れたのでしょうか。

    2.日記の「気温」欄
    ・管理人様が引用されている資料の範囲では、被害者の日記の「気温」欄に記載のあるのは、「4月29日(月)」の「22℃」だけと思います。

     「天候」については、日記の日付の翌日になってからでも、前日の天候を思い出して書くことはできると思いますが、「気温」については、翌日になってから記載するとは思えないのですが。そうしますと、「4月29日」の日付の日記は、その日付の当日に記載されたもの、ということでしょうか。

  9. まず、4月30日の天候が「女性自身」に記載されていない点については、「女性自身」の記入忘れという線もあるのではないかと思いますので、4月30日の日記が写真で公開されない限り実際のところはわからない、ということではないでしょうか。また、気温に関しても、写真で公開されている29日に記載があることが確認できるだけで、他の日になかったという確証はないと思います。

    気温に関して、「22℃」という細かい数字を書いていること、4月29日に22度なので最高気温と思われることから、おそらくテレビか新聞の天気予報を見て書いたのではないかと思います。新聞であれば、当時の夕刊の締め切りの早さから考えて、当日の最高気温が出せるのは間違いなく翌日の朝刊でしょうから、日記は翌日書いたことになります。問題はテレビで、当時、当日夜の天気予報で当日の気温について報道していたのであれば、ご指摘のとおり当日夜という可能性もあると思います。昭和38年に生まれていなかった管理人は存じ上げませんが、その辺どうなんでしょう。

    昭和38年のテレビ番組表を見る限りでは、夜に天気予報をやっていたのは民放だけだったようですが…

  10. 4月30日の天候の記載が無いのが「女性自身」誌の転記漏れなのか、あるいは本人が記入し忘れたものなのか、そしてまた本人が記さなかったとすればそれが何故なのか、もちろん今となっては確認する術はありません。しかし禅さんのおっしゃる通りで、この日の朝郵便局に立ち寄る予定であったため時間が無く、「修学旅行の見送り」等のざっとした記事を書いたのみで、天候の記入は抜かしてしまった、という可能性も若干はあるかと思います。

    「気温22℃」は、「4月29日」という日にちから推測するならば、おそらく「前日の最高気温」ですね。朝、新聞かテレビで「ゴールデン・ウイーク初日は、よく晴れて気温は22℃まで上がり・・・」等のニュースを見て記したものではないでしょうか? もしそうだとすれば、むしろこれは、被害者が毎翌日に前日分の日記を付けていたことを裏付けるもの、ということになりますね。この日のみ「気温」が記されているのも、そうした理由が考えられるかと思います。

  11. (追記)
    管理人さんと多少内容がダブってしまったようで申し訳ありません。
    私の方は昨日朝にコメントを書いたのですが、送信しないままで、先ほどまで外出してしまっていました。

    「気温」の件に関しては、新聞報道ならば翌朝になりますが、テレビニュースならばその日の夜、
    ということも有り得ますね。その点につきましては訂正させて頂きます。

  12. お考えをお聞かせいただきまして、ありがとうございました。

    ご指摘いただいておりますが、天候の件も、気温の件も、今となりましては、推測の域を出ないことは、おっしゃるとおりかと思います。

    気温につきましては、「無実の獄25年」に掲載の被害者の日記の写真のうち、「4/27(土)」については、気温の記載がなかったため、 気温の記載のあります「4/29(月)」との比較での想像となりました。

    「4/27」の気温の記載がないのは、可能性としては、被害者が単に記載をし忘れただけ、とも考えられます。
    別の可能性としまして、「4/27」の日記の内容は、翌日になってから記載されたため(最後の2行分を除き)、前日の天候のことは思い出せても、前日の気温までは書くことができず、ブランクとしたのかな、と想像したものです。

    気温につきましては、新聞・TV・ラジオなどのメディアで、前日の気温を知り、記載することも考えられますが、「4/27」の気温がブランクで、「4/29」の気温は記載があるため、「4/29」の気温については、被害者の家の「温度計」で当日の気温を確認して、当日の日記に記載した可能性もあると思います。

    「4/29」は、交歓会に参加して帰宅後に、その日のうちに日記を書いたため、その日の気温についても、温度計で確認した気温を日記に記載した可能性もあるのでは、と思いました。

    最高気温の件ですが、1963年当時のデータは残念ながら確認できませんでしたが、「1979~1982」の期間でみますと、埼玉・所沢の「4/29」の最高気温は、「14時~16時台」に記録されているようです。時期が異なりますので、想像にすぎませんが、1963年4/29において、被害者が帰宅した時点の被害者の家の温度計の気温が「22℃」を指していたことも可能性としては考えられるのではないのでしょうか。

  13. 被害者はこの日群馬県伊勢崎まで出かけていますが、スケジュールに余裕のある行事なら「朝7時出発」などということはないはずです。おそらく帰宅は夕方遅めだったでしょうし、普通その時間帯で「22℃」というのはないかと思います。
    27日は記載がないことから考えても、やはりこれはテレビニュースまたは新聞記事を見てこの日のみ書き込んだとみるべきでしょう。前のコメントでも書きましたが、今でもゴールデンウイーク初日で晴れると、マスメディアでは定番のように「連休初日となった今日(昨日)はよく晴れて気温は××℃まで上がり、行楽地は大変な賑わいとなりました・・・」等のニュースを繰り返し流しています。ですから、被害者が29日の「最高気温」を知っていたとしても何ら不思議ではありません。
    行事参加で終日出かけていたこの日、よく晴れて割合暑かったため(衣替え前の冬制服ならなおさらです)、被害者もそのことを関連事項としてどこかに書き留めておきたかったのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です