その他: 『元報道記者が見た昭和事件史』

昨年末に、津山事件の調査ルポを多く書いていらっしゃる石川清さんが『元報道記者が見た昭和事件史』という本を上梓されました。昭和の猟奇事件のうち、あまり一般的には採り上げられていないものを丹念に取材した労作で、この手の事件に興味がある当方としても知らなかった事件が多く、参考になりました。

内容として、人肉食、近親殺害など相当におどろおどろしい事件が多く、この手の事件に興味がある方でもさすがに受け付けないというレベルのものもあろうかと思います。ただ、それだけに、昭和期以前の日本における農村や地域共同体の「闇」の深さについて改めて思い知らされます。特に人肉食については、生活・信仰・薬効など、様々な理由で様々な地方で行われていたことが語られており、どこまで一般的なものだったのかという疑問も湧いてきます。

また、その「闇」は、平成の現在、本当になくなったのだろうか、ということも考えさせられます。いわゆる「いじめ」関連の事件などは、根っこは同じものではないでしょうか。


本ブログでとりあげている事件に関する同人誌等の通信販売を行っています。詳細はこちらをご参照ください。


関連記事

1 件のコメント: “その他: 『元報道記者が見た昭和事件史』”

  1. 管理人さん今回も参考になる本の紹介を有難うございます。早速注文しました。
    祈りと生贄などは直結してますし、その地域でその時代何が信仰対象で何を忌避してきたかは犯罪から生々しく垣間見れると思うのです。
    狭山事件にもそれで関心を持ったもので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です