津山事件: 中島病院

IMG_2297
中島病院旧本館(現・城西浪漫館)

IMG_2298
現在は喫茶室として一般公開されている

IMG_2299
中島琢之医師。おそらく睦雄を診察した

今回も以前訪問した際の写真のお蔵だしです。

都井睦雄は、当初は加茂の万袋医師や只友医師の診察を受けていましたが、津山の中島医師の診察も受けていました(診断は肺尖(カタル))。そのことは睦雄の親類(おばやんの甥)である寺井元一の証言にも出てきます。当時、肺病の人は診断や治療に納得がいかず医師を転々とする人が多かったとのことで、睦雄もそのご多分に漏れなかったようです。

中島琢之氏は津山出身で東京帝大医科大学を卒業し、請われて郷里に戻っていったん病院を開設したものの、最新の医学から取り残されるのをおそれて再び東京へ出たい意向を洩らしていました。すると、友人でもあった地元の銀行家が中心となって、この建物(中島病院旧本館)とレントゲン装置などを含む当時最新の医療機器を揃えて引き留めたため、引き続きこの地で診療を続けることになったとのことです。
そのような経緯から設備・医師とも当時のこの地方では最高峰の評判が高かったようで、睦雄がセカンドオピニオンを求めにわざわざここまで来たのもそれが理由でしょう。

中島病院は現在も津山市内にあり、構内に旧本館がそのまま保存されていて「城西浪漫館」として公開されています。上記は先日立ち寄った時の写真です。どこが診察室だったかわかりませんが、こんなところまで睦雄が来ていたかと思うと感慨深いものがあります。

 

関連記事

One thought on “津山事件: 中島病院”

  1. お疲れ様です。 今回もまた 当時の真実が解かりました有難うございます。あの事件を追いかけてを 購入(まだ届いていませんが)しました・・・今後も解明をお願いいたします。 今日も私は仕事 出張も今月3回とチョイばて気味、管理人様も 本当にお忙しい様で体調に十分気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です