津山事件とは

「津山事件」とは「津山三十人殺し」とも呼ばれる事件で、昭和13年5月21日に岡山県津山市近郊の農村で一人の男(都井睦雄、22歳)が一晩に30人の村人を殺害し、2人に重軽傷を負わせた事件です。長い間、単独犯による短時間大量殺人の世界記録だったと言われています。

津山事件カテゴリの記事はこちら

関連記事

1 件のコメント: “津山事件とは”

  1. TUBEで再現ドラマを見て、知ったくらいの知識ですが、犯人はもともと根が明るくて社交的だったんじゃないですかね?病気が人を変え、周りの人たちが理解してあげない環境で犯人にヘイトスピーチ(憎悪表現)で犯行に及ばせたんじゃないかと思いました。あの再現ドラマ視聴して以来なかなか暗い場所で寝ることがトラウマになりました。ぼんやり照明ないと、犯人が出てくるイメージが残ってしまって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です