下山事件とは

下山事件(しもやまじけん)とは、[[1949年]]([[昭和]]24年)[[7月5日]]朝、[[日本国有鉄道|国鉄]]初代[[総裁]]・[[下山定則]](しもやま さだのり)が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された[[事件]]。

事件直後からマスコミ等で自殺説・他殺説の両方が流れる中、警察は捜査結果を公式に発表することなく捜査を打ち切った。真相が不明のまま多くの憶測を呼ぶこととなって、「戦後史最大の謎」と呼ばれている。また、同事件から1ヵ月あまりの間に立て続けに発生した[[三鷹事件]]、[[松川事件]]と合わせて、国鉄の戦後三大ミステリーとも呼ばれる。

…私が昔Wikipediaに書いた文章を、そのまま引用してみました。
この文章で注意していただきたいのは、「死体となって発見された」という部分。この死体が轢死体(列車に轢かれるまで生きていた)なのか轢断された死体なのか、がこの事件において重要な論点となっています。

下山事件カテゴリの記事はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です