Home > 未分類 > ブレット・ファーヴ

ブレット・ファーヴ

  • 2008-09-07 (日) 12:52
  • 未分類

グリーンベイ・パッカーズのQB……ではなくミネソタ・バイキングスのQB。

2002年シーズンオフあたりから毎年「引退する引退する」という「引退詐欺」を続けていたが、2007-2008年オフにとうとう正式に引退を表明した……にもかかわらず、GBのチームがファーヴ抜きでキャンプを始めた頃になって「やっぱりやめるのやめた」と言い出した。GB首脳陣(ヘッドコーチやGMなど)は必死になって引退撤回を撤回するよう説得したがファーヴの復帰の意志は固く、結局ファーヴをニューヨーク・ジェッツに放出することとなった。煽りを食ってジェッツからはペニントンが解雇され、マイアミ・ドルフィンズへ移籍した。

このあたり、客観的に見れば完全なファーヴの身勝手だが、ファーヴ側にはヘッドコーチやGMに対する不信感があると言われる。また、元々ファーヴとミネソタ・バイキングスの間に密約があったという噂もあるなど、一筋縄ではいかないようである。

2009年シーズン前にはまた辞める辞める詐欺を働いた後、とうとうバイキングスへ移籍。

「メリーに首ったけ」という映画(キャメロン・ディアス主演、1998年)に特別出演していた。

(以下、ネタバレを含むため映画未見の人は読まないことを推奨)

映画の中では本人役で、キャメロン・デイアス演じる女性が「ブレットとかいう男に『つきあってくれ』と言われたけど断ったわ」と言う伏線があって、その後その「ブレット」というのが実はブレット・ファーヴだったというオチで出てきた。日本で言えば、「鈴木さんって人につきあってって言われたけど断ったわ」という「鈴木さん」が実はシアトルマリナーズ所属の鈴木一朗さんだったというギャグを本人出演でやったようなもので、私(管理人)は見ていて大笑いしたのだが、一緒に見に行った女性は「何が面白いの?」と不思議がっていた。

この映画は全編下ネタとアメフトネタ(映画自体のオチも「言ったでしょ。49ersは嫌いなの」というセリフだったような覚えが)であふれていて、とてもじゃないけど日本のスイーツ(笑)な女性にウケる映画とは思えない。しかし、当時の配給元が「ちょっとHでオシャレなコメディー」として宣伝していたので、公開当時はかなり多くの女性が見に行っていた記憶がある。私も別に見るつもりもなかったのに付き合いで見たんだけど、えらい笑えた。でも映画館の中で笑ってる人はごく少数だった。

コメント:2

まふ 13-10-23 (水) 15:43

彼はパッカーズでしょ?私は49ersのファンよ

だと思います。
同じく49ersのファンである主人公に言った、愛の告白ですね。

****** 15-08-12 (水) 6:22
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://flowmanagement.jp/football-2ch/wp-trackback.php?p=64
Listed below are links to weblogs that reference
ブレット・ファーヴ from 2ちゃんねるアメフト実況用語集&AA

Home > 未分類 > ブレット・ファーヴ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top