Home > か行

か行 Archive

春日の呪い

オードリーの春日が、出演しているNFL倶楽部で出した予想は外れる、という呪い。

以前からその存在はささやかれていたが、2012-13シーズンのプレーオフでの的中率(?)はハンパでなく、NYG、WAS、DEN、ATL、NEと、春日が「勝つ」と予想したチームが全チーム敗戦するという事態となった。
http://nfljapanblog.com/blog/nflclub/2013/01/post-83.html

春日:生ダンス、下手したらレイブのオフェンスシリーズの時もサイドラインで鬼がどう鼓舞しているのかとか全部が気になっちゃう。鬼の最後をね。正直言うと、ナイナーズの(QBコリン)ケイパーニック君も見たいですよ。でもやっぱりファルコとペイツかな。

そのため、スーパーボウルの予想は公表せず、「両チームを応援」という玉虫色の解決としたようだ。ちょっと残念。
http://nfljapanblog.com/blog/nflclub/2013/01/post-84.html

Twitterや2ちゃんでも書かれていたが、将棋の「封じ手」のように、事前に春日が予想を書いたものを封筒に入れて、SB終わってから開封、とかやってほしい。盛り上がると思う。

結局、スーパーボウルXLVIIの中継で、春日はBALのユニフォームを着て参加し、BALが勝利したために、「呪い」も途切れることになった。惜しいことである。

旧RG3

ワロスさんのこと。

本名がRex Grossman IIIというらしい(笑)。つくづくネタが尽きない人である。

ちなみに、通常「RG3」というと、2012年に鳴り物入りでWASに加入した新人QB、Robert Griffin IIIのこと。

楓る

フィールドゴールを失敗すること。

2009シーズンのディビジョナルプレーオフNYJ@SDの試合(2010年1月17日)で、楓タンが3本のFGトライアルを3本とも外してしまった。しかもそのうち2本は36ヤードと40ヤードという、普通ならNFLキッカーにとって楽勝の距離だった。そこから、FGを外すことを「楓る」「楓病」というのがちょっと流行した。

これで、レギュラーシーズンのキャリア通算FG成功率が.872(150/172)、ポストシーズンが.533(8/15)ということで、すっかり「ここ一番に弱い楓タン」というイメージが定着してしまった。

試合も3点差での負けで、36と40の2本を入れていればSD勝利になっていたはず=キッカーが敗因と言われてもしょうがない試合だった。40ヤードを外した後のうつろな表情は、キッカー受難だったNFLの2009シーズンプレーオフのハイライトとも言えよう。

kaeding.jpg3本外した直後の楓タン

 

クラウドノイズ

スタジアムの観客が騒いで音を出すこと。アウェイチームがオフェンスの時に、妨害のためにやる。

アメフトの場合、ホームチームがオフェンス(攻撃)の時は観客は静かにしていて、ディフェンス(守備)の時に観客が騒ぐ。そうすることによって、相手QBのタイミングコール(レディー、セー、ハッ、ハッというやつ。この掛け声の何番目でオフェンスが動き出すかがあらかじめ決められている)が聞こえなくてオフェンスラインがフォルススタートをしてしまったり、逆に動き出しが遅れることを狙っている。さらに、オーディブル(QBが相手ディフェンスのポジショニングを見て、口頭でプレーを変更すること)も聞こえにくくなる。
ドーム球場で試合の山場になると、本当に隣の人の声も聞こえないくらいになるらしい。

日本の甲子園ボウルやライスボウルあたりだと、野球と同じように攻撃の時に声を出して応援してる人も多い。昔、確か京大の東海だったと思うが、QBが試合中に応援スタンドの前に走っていって「頼むから攻撃中は静かにしてくれ」と頼んでいたこともあった。

楓タン

SDのK、ネート・ケーディング(Nate Kaeding)のこと。単純に「Kaeding」なので楓タン。

通算FG成功率87.2%は、最低100回以上のFGトライアルがある選手の中でNFL史上最高らしい。しかし、2006年から2007年のシーズンにかけて、ポストシーズンで3試合連続してFG失敗しており、どうも「肝心なところで外す楓タン」というイメージがついてしまっている。ある意味でかわいそうな人。

今夜が山田

最近NHK-BS深夜のBSニュースに出てくる山田康弘アナウンサー。

ホーム > か行

検索
フィード
メタ情報

Return to page top